小津安二郎監督から話は明治維新150年、ファーウェイ、グラバーにまで飛びます

 Copyright par Gen. SousoumeMatouoqua

 今日は2018年12月12日。映画監督小津安二郎の命日です。60歳ので亡くなっています。随分若くして亡くなられていたんですね。1963年ですから、あれからちょうど55年。いまだに熱心なファンがいて、多くの現役監督にも影響を与えている凄い人です。

 私もその一人で、食通と言われた小津が贔屓にしてよく通っていた東京・上野のとんつかつ屋「蓬莱屋」や、こよなく愛した銀座のやきとり屋「伊勢廣」なんかにわざわざ食しに行ったものでした。

スペイン・トレド

 2018年も早いもので、もう終わってしまいますね。そう言えば、今年は「明治維新150年」の節目の年でしたが、何か、派手な国家行事は行われましたっけ?

 薩長土肥では盛大に挙行され、会津と長岡では反対集会が開かれたかもしれませんが、その他の地方は無関心だったのでは?「何それ?」という若者の声が聞こえてきそうです。

 50年前の1968年は「明治100年」。当時の私は紅顔の美少年でしたが、国家行事として盛大に記念式典が開かれたことをよく覚えています。時代は変わったんでしょうか。現首相は長州藩出身を自負しているのですから、何か不思議です。

スペイン・トレド

 でも、江戸幕府=悪で、明治新政府=善といった単純な二元論や、明治維新を境にすっかり世の中が変わったという説は、さすがに最近は見直されてきたようです。江戸幕府は「鎖国」政策を採っていたとはいえ、オランダ、英国、中国から外国の最新情報は熟知しており、幕末には、西周ら優秀な若者をオランダのライデンなどに留学させています。幕僚だった勝海舟も福沢諭吉も咸臨丸で米国に渡っています。

 最近、日本に開国を迫るペリーとの交渉内容を詳細に記した江戸幕府の議事録である「墨夷応接録」の現代語訳(作品社・2592円)が出版されましたが、「武力に屈して開国した」と流布された表面的な解釈は間違いで、幕府側の全権代表である林復斎の腹の据わった外交交渉の手際の良さが克明に描かれています。明治新政府が揶揄するほど、幕閣は無能ではなく、極めて優秀だったのです。

スペイン・トレド

さて、話は少し飛びますが、先日、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟容疑者(46)が逮捕され、昨日保釈が決定した事件のこと。彼女の容疑の一つが、対イラン制裁逃れを図って、HSBC経由の取引を通じて銀行法に違反したのではないかという報道がありました。

 このHSBCという銀行は、本社がロンドンにある世界トップクラスの金融会社であることは知ってましたが、気になってその沿革を調べてみたら、驚いてしまいました。HSBCというのは「香港上海銀行」の頭文字を取ったもので、1865年に英国植民地下の香港で創業。そして、早くも翌66年には日本支店を横浜に開設していたというのです。1866年とは慶応2年です。日本はまだ江戸時代だったんですよ(笑)。金融企業の外資の許認可権は、当然、江戸幕府にあったことでしょうから、世界貿易や金融取引は、明治になって急に始まったわけではないことが分かります。

 ついでながら、坂本竜馬と縁が深く、長崎に邸宅を構えたトーマス・B・グラバー(1838~1911)。この人は不可解な人物ですよね。世界史の教科書にも載っている東インド会社で、今でもホテル業など世界で幅広く展開しているジャーディン・マセソン商社の長崎代理店員として来日したのが1861年ですから、まだ22歳か23歳の若者です。後に武器商人として暗躍しますが、幕末の混乱期の日本にはビジネスチャンスがあったということでしょう。トランプさんのような「タフ・ニゴシエーター」だったことは間違いないんでしょうが、後ろ盾になっていた大英帝国が凄かったということかもしれません。あ、そう言えば、彼はフリーメンソンの会員だったという説がありますね。

「終わらなかった人」映画化 贋作「東京物語り」

大学は出たけれど、定年になって大学に入り直す男を描く壮大な家族劇「終わらなかった人」(「日の入り」連載の外館牧子原作のベストセラー小説が原作)が、巨匠小田安二郎のメガホンで、活動写真が撮られたそうですね。主演は、猫ひろしと黒樹瞳。華族出身の入江たか子が友情出演。6月から有楽町の邦画座を始め、全国一番館でロードショウ公開です。

築地・中村家のランチ弁当850円(京都「宮武」の日替御膳880円に対抗しました)

花の都、東京では、銀座の柳も春風に揺られている今日この頃です。

巷の弐番館ではニュース映画がかかってます。

「満洲某重大事件」のニュースの後、「車は作らない」柳瀬元秘書官が「記憶にございません」と能面のように表情一つ変えない答弁で、能吏ぶりを発揮。「私はあなたと違うんです」福田元事務次官は「全体的に見れば私はやってません。だから血税が原資の5000万円の退職金は返しません」と、高らかに宣言しています。

扨て、銀座の柳通り。

ナウいアヴェックが、モボ、モガスタイルで、ミルクホールで逢引を重ねてます。ジルバを踊って、リキュルをあおり、すっかりいい気分。でも、当時はセブンイレブンがなかった!

ソフト帽を被った彼の名前は白澤明。近くの交詢社内にある時事新報の記者。十五代目羽左衛門に似たハンサムな顔立ち。真っ赤な口紅の彼女の名前は原田節子。今はときめくエレベーターガール。今売り出し中の女優原節子似の美人さんだ。

「なあ、節ちゃん。今度の休みはキネマに行かないか。小田安二郎の『終わらなかった人』がかかるんだよ」

「へえ、題名だけだと、つまんなそうね」

「新朝社の『日の入り』に連載された小説が原作なんだよ。大学は出たけれど、定年になった田代宗助が主人公…」

「何か、余計、つまんなそう。いっそ、小田急で逃げましょか」

「節ちゃん、それじゃまるで、『東京行進曲』じゃないか」

「まあ、明さんもよく流行り唄をご存知のこと。それより、今、霞ヶ関で流行っている『接吻はらはら』とかいう遊び、どんなのか、教えてくださらない?『万朝報』のゴシップ欄に出ていたわ」

「だめだめ、子どもがそんなことに興味を持っちゃだめ。美人薄命だよ」

「なあに、それ!? チョベリバ」

「チョベリバ?」

「卍まんじ」

「節ちゃん、余計、分かんないよ」

「えへへへ、明さんも、天保生まれだから、水滸伝しか知らないんでしょ」

「あに言ってるんだか…」

赤塚公園のニリンソウ自生地

若い二人には明日がある。熱血指導マスターの掛け声で、二人は、銀座・交詢社通りの人を押し分け、搔き分け、夕陽に向かって走っていくのでした。

おしまい

岡田監督を応援します

この度、オシム監督が急に脳梗塞で倒れたため、サッカー日本代表の監督として岡田武史氏が9年ぶりに再登板することになりました。

昨日、日本サッカー協会理事会で正式に承認されましたが、岡田氏の今後の活躍には注目していきたいと思っています。サッカーは肉体で戦うスポーツですが、監督指導者は結局は肉体より、頭を使う。戦術面が最も大事ではありますが、もう少し平たく言うと選手にモチベーションを与える「精神論」が重要なのです。監督として堅固な哲学を持っていなければなりません。岡田氏は、その意味で、かなり、修養を積んできたように見受けられるからです。

面白かったのは、昨日の会見で、岡田氏が、オシム監督が倒れる1週間前にJリーグの3チームから監督就任の要請があったが、断ったというエピソードを明らかにしたことです。当分、講演活動をしながら、環境問題をテーマにボランティア活動していくつもりだった、というのです。また、ここ1年半ほど、サッカーから離れていて、Jリーグの試合もあまり見ていなかったというのです。

岡田氏には、物事を根本から見つめ直してみようという修行僧に近い心因性を持っているようです。

その岡田氏が、「ここ10年で、人間がすっかり変わった」と言っています。私もそれはすごく感じています。

小津安二郎の「東京物語」は、昭和28年の作品ですが、「こんな日本人が普通だったのか?」と思われるほど、言葉遣いも丁寧で、皆、慎み深く、謙虚で、自分の身の丈の範囲で一生懸命に生きる日本人が出てきます。

今は、そういう日本人は消滅したとは言いませんが、かなり少なくなりました。公共マナーも悪いし、自分の権利ばかり主張するクレーマーや、給食費を払わないお金持ちの親もいるし、録に挨拶もできない人間も増えました。世の中、ギスギスしてきたと感じるのは私だけではないでしょう。どうして、こんなになってしまったんでしょうかね?

この10年の劇的変化は、インターネットの影響でしょうか。新聞の読者が減っているだけでなく、テレビの視聴率も下がっています。ニュースはネットから得る若者が増えてきました。ネットを使えば、時空を超えて、「大英博物館」 http://www.britishmuseum.org/#でも「MOMA」 http://www.moma.org/でも「ルーヴル美術館」http://www.louvre.fr/llv/musee/alaune.jsp?bmLocale=ja_JPにでも簡単に「行く」ことができるようになりました。

携帯やパソコンによって、「個」が確立したものだと極解して、自ら神のように振舞う人間が増えてきたからなのしょうか?