上から目線の人々

スペイン・ラマンチャ地方

何処の会社もそうかもしれませんが、オフィスビルに入居している場合、階によって、部署が異なり、地位や待遇も違うことでしょう。

例えば、ドラマの「ショムニ」(古い!)の庶務2課は地下2階のような薄暗い所にあり、一番偉い会長さんは、日当たりと見晴らしが良い最上階といったケースが多いのではないでしょうか。

スペイン・ラマンチャ地方

出勤した今朝のこと。会社のエレベーターで、後輩で、特に仕事もできないくせに、べんちゃらとゴマスリだけで、出世街道まっしぐらに進んだ社長室総務部長の成田君(仮名)と、先月まで大阪支店にいた彼の同期の羽田君(仮名)が後から乗り込んできました。

彼らは久しぶりに顔を合わせたらしく、会話が弾んでいました。自然と漏れ聞こえてきます。

羽田君 お、お前、6階だっけ?

成田君 馬鹿野郎。。。そんな下層階級なわけないだろ。

羽田君 そだよな。8階か。

成田君 10階だよ!

2人は、後ろに私が乗っていることに気がつかなかったのでしょう。

なぜなら、私こそ、成田君が「下層階級」と呼ぶ6階の部署で仕事をしているからでした。。。

今日はここまでにしとこか。チェスト!気張れ!

スペイン・ラマンチャ地方

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください