ゴーン容疑者は、ジャック・ウェルチGE元会長の真似をしたのだろうか?

 今朝のカルロス・ゴーン容疑者の4度目の再逮捕には驚きましたね。(朝毎読産は都内最終版で、再逮捕の可能性を報じてましたが)

 早朝5時50分、東京都渋谷区の自宅(と、日本の新聞は書かないのに、仏紙は書いちゃってました)に東京地検関係者がまさにゴーン容疑者の寝起きを襲った感じです。NHKのテレビカメラが入ってましたから、当局は事前にマスコミにリークしたのでしょうけど、それにしては、護送車を幕で隠したりして変な「捕り物」劇でした。

 4度目の逮捕容疑は、会社法違反(特別背任)でした。日産の子会社から中東オマーンの販売代理店の預金口座に振り込まれた資金の一部を、ゴーン容疑者が実質保有する会社の口座に送金する形で、2015年~18年、日産に計500万ドル(約5億6300万円) を損害を与えたというものでした。その一部は、家族が遊興する「社長号」と名付けられた豪華クルーザー(約16億円)や息子がCEOを務める米投資会社に流れたのではないかといわれてます。

 ま、私的流用ということですかね。私的流用なら、パリやレバノンなど世界各国の自宅や、ヴェルサイユ宮殿での再婚式などの費用を会社側に負担させていた、等々たくさんの疑惑もあります。

Espagne

 ゴーン容疑者は、どうやら、いまだに日本でも信奉者の多い米GE(ゼネラル・エレクトリック社 )の会長兼CEO(1981~2001)を務めたジャック・ウェルチ(1935~)の手口を学んだ節があります。

ネット情報のウィキペディアなどでは、ジャック・ウェルチについて、「伝説の経営者」とか、「1999年、『フォーチュン』誌で『20世紀最高の経営者』に選ばれ、最高時の年収は9400万ドルにも達した」なぞと英雄視し、ベタ褒めで終わってますが、昨日ご紹介した広瀬隆著「世界金融戦争」(NHK出版)の97ページにはこんなことが書かれています。

 「経営の良質さを誇ったGEにも、収益を水増しする会計操作のあったことが2002年半ばに判明したが、それほど大きな問題として取り上げられなかった。ところが、9月になってウェルチと離婚係争中の妻ジェーンがGE社内の秘密に属する報酬契約について裁判所に詳しい明細を提出したため、ウェルチの私生活が明るみに出た。

 何とマンション代から高級車、ワイン、食事代、旅費、コンピューター、オペラのチケット、ゴルフクラブ年会費、果ては家政婦、洗濯、新聞代まで1500万ドルも会社が生涯負担する契約などが表に出て、経済誌の表紙を飾ったヒーローが、いきなりタブロイト紙の離婚ゴシップ欄で叩かれるまで評判を落とした」

Granada, Espagne

 えーー!?何か既視感(デジャヴュ)を覚えましたが、逆でした。ウェルチGE元CEO の話は、今から20年も近い昔の話でした。ゴーン容疑者の容疑が事実なら、ウェルチ元CEOの顰に倣って同じようなことをしていたことになりますね。

 それとも、莫大な権力とカネを握った者は、誰でも同じようなこと(私的流用)をするということなのでしょうか。

 でも、ゴーン容疑者が莫大な権力とカネを握った背景には、リストラという名の首切りで、職を失った日産とその関連会社の元社員の犠牲があったことを忘れています。こうして、彼の容疑が次々と明るみに出たことは、首を切られた元社員の怨念が爆発したような感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください