お経を手元に、石仏散策を

 鈴木永城著「お経の意味がやさしくわかる本」(KAWADE夢新書)を読了しましたが、身近に置いて読み返したり、文字通り、読経したりするつもりです。

 お釈迦様は、煩悩業である三毒を避けることを説いています。三毒とは、貪瞋痴(とんじんち)のこと。つまり、「貪欲(どんよく)」「瞋恚(しんい)」「愚痴(ぐち)」のことです。これらが生きる上で苦しみの原因になっているといいます。

 貪欲は、執着する心。瞋恚とは、怒ること。愚痴は無明とも訳され、無知で真理に暗いことをいいます。いずれにせよ、人生で、何事も、捉われてはいけない、ということなのでしょう。

 この本の最後の方に出ていた「正信偈(しょうしんげ)」と「修証義(しゅしょうぎ)」は初めて知った「お経」なので敢て付記しておきます。

 「正信偈」とは、門徒の皆さんにとっては当たり前過ぎる話でしょうが、親鸞の「教行信証」の「行巻」の末尾に書かれた浄土真宗の要義大綱を七言60行120句を偈文にまとめたものです。ちょうど、私は現在、「教行信証」の現代語訳をウンウン唸りながら読み進めていたので、この「正信偈」だけでも、シカと脳髄に刻み込まなければいけない、と思いました。

 「修証義」は、明治半ばに日本曹洞宗の開祖道元禅師の「正法眼蔵」の中から、そのエッセンスとなる文言を抜き出して編集されたものです。「正法眼蔵」は、87巻にも及ぶ大著で、難解中の難解で、専門の僧侶でさえ全巻読破できた人は少ないと言われ、私も読んだことはありません。このエッセンスの「修証義」だけで勘弁してください、と言えば、怒られるか罰が当たることでしょうけど、入門編として、取り組みさせて戴きたいと存じまする。

 最近どうも仏教思想に洗脳されています(笑)。一番は、何と言っても「諸行無常」です。ギリシャ哲学のように「万物は流転する」でもいいのですが、時の移り変わりととともに、人の心も変わり、恋慕も友情も信頼も敬意もいつかは壊れるものだと実感しています。

 亡くなった父が口癖のように言っていた言葉は「形あるものは壊れる」でした。一国一城も買える曜変天目茶碗でも、落としたら壊れて使い物にならなくなります。仏教哲学で言えば、「形ないものでも壊れる」ということになるのかもしれません。

足利市 鑁阿寺(ばんなじ)本堂(国宝)

 「仏教思想に洗脳されている」と言えば、私の生きていく上での生活信条が「ご縁」なのです。この世に生まれてきたことも何かの不可思議な「縁」でしょうし、誰かに出会って影響を受けるのも「ご縁」です。万巻の書物の中で一冊の本に巡り合うことも「縁」だと思っています。縁が切れたり、なくなったりすれば、どれだけ仲が良かった友人知人でも離れ離れになることでしょう。それも「縁」の一つだと諦念するしかありません。しかし、「縁」だけは大事にして、これからも生きていきたいのです。

 ご縁と言えば、昨年このブログを通してお近づきになった京都方面の著名な御住職と、有難いことにメールで交友させて頂いております。私が、仏教思想の神髄というより、主に宗派の違いや醜聞などの愚問を大僧正にぶつけておりますが、それでも真面目に返答が返って来ますので心苦しい限りです。私信なので公開できないのが残念ですが、たまたまやり取りしたメールの中で、御住職から「私家版 さいたまの石仏」というブログのサイトをご紹介いただきました。

 このサイトの主宰者はどういう方なのか全く分かりませんが、埼玉県南部と東京の北区、練馬区、目黒区辺りの寺院や路傍を隈なく歩いて、そこに安置されている石仏の写真と像に刻印された由来や施主、設立日などを掲載されております。半端じゃない徹底した調査ぶりです。(勝手にリンクを貼らさせて頂きました)

 有名な寺院の石仏だけでなく、村の有力者による庚申塔や路傍のお地蔵様のほか、恐らく当時の庶民が頼母子講でなけなしのお金を集めて建立したらしい不動明王や阿弥陀如来や地蔵菩薩なども取り上げているのです。

 私の住む自宅近所の庚申塔も取り上げていましたが、ボーと生きている私なんかほとんど気が付きませんでした。設立日が、享保4(1719)年や延享3(1746)年だったりして、200年も300年も大昔に、同じ土地に住んでいたことが分かり、庚申塔は、当時の人たちの生きた証のようにも見えます。サイトでは、主宰者が足を棒にして苔むした石仏を探し当て、その文字も見えなくて読めなくなった碑文までも現代に蘇らせています。

 いかにも当時の無名の庶民の信仰の深さが伺えます。こうして蘇ったのも、あれもこれも、このサイトの主宰者の功績です。世の中にはこういう立派な方もいらっしゃるものだと感心致しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください