とんだ恥さらし 宮崎謙介議員

 糠平温泉

イケメン議員か、イクメン議員が知りませんが、男性国会議員としては異例の育児休暇の取得宣言をして、賛否両論の話題をふりまいた188センチの長身、宮崎謙介衆院議員(35)=自民党二階派=が、やっちゃいましたね。スクープした「週刊文春」2月18日号は、”ゲス不倫”と報じています。

お相手は「90センチのバストが武器」(週刊文春)という美人タレント宮沢麿由(34)とか。宮崎議員の妻、金子恵美衆院議員(37)が今月5日に無事に男児を出産しましたが、その6日前に宮崎先生は、地元京都で、彼女と密会していた、と写真付きで報道されていました。

これは駄目じゃん。とんだ恥さらしです。自分が注目されているという自覚がなかったのでしょうか?何しろ、国会議員は国民の血税を吸って生きているわけですから、公人です。こんなことをしては、男性の育休取得を賛成した人にとっては、肩すかしを喰った感じです。

この宮崎議員は何者なのか―? 週刊文春には詳しく書かれていますが、早大商学部卒業後、IT関連会社などを経て、人材紹介のベンチャーを起業。2006年に加藤紘一元幹事長の三女と結婚し、女性問題を起こしてわずか3年で離婚。2012年に自民党に公募して、あてがわれた京都三区から「落下傘候補」として出馬して、当選した人らしいですね。

最近の「週刊文春」は冴えてますね。お蔭で、久しぶりにここ何週にもわたって、買わされています(笑)。

◆最近の気になる数字

【3300億円】アサヒグループホールディングスが欧州ビール4社に提示している買収金額

【413億円】高級ホテルの予約サイト「一休」の全株式をヤフーに売った創業者森正文氏が得た売却額

【255億円】有価証券報告書の虚偽記載で株主訴訟を起こされた、堤義明元コクド会長ら旧経営陣が西武ホールディングスに支払う賠償金

【143億円】ホリエモンが2005年にライブドア株を売り抜けた売却益(推定)

【56億円】ホリエモンが”宇宙詐欺”に引っかかった被害額(推定)

One Reply to “とんだ恥さらし 宮崎謙介議員”

  1. 政治家の劣化について
     8日のホテルの窓からの渓流の写真にはビックりというか、奇妙な感覚に襲われました。なんせ現に目の前に見ている窓外の雪景色と全く同じだったのですから。また連日のnoukavillaのお写真ありがとうございます。

     政治家の劣化について一言。
     三木武吉は妾が5人いるとの政敵からの非難に対して、失礼を言うな正確には7人だと訂正?させました。春日一幸は、三木武吉は7人だが私は6人、日曜日は女房のためにとってあると豪語しました。
     彼らには女好きという私的性癖を超えて、主観的であれ国家百年の大計に殉ずる気概があったのです。、伊藤博文も岸信介も田中角栄も。

     学歴や職歴そして見た目という薄っぺらな基準で、能力のない輩を候補に推薦する政党(自民であれ民主であれ)。それを選ばざるえない選挙制度に問題があります。

     選挙になると、宣伝カーで名前を連呼するだけの愚劣さ。もうやめるべきです。うるさいだけ。
     せめて3か月か、できれば半年ぐらい選挙運動期間を設けて、メディアを含めてあらゆるところでディベイトを繰り返し、付け焼刃がはがれるような、普通のおばちゃんでも真の選良というか、よりましな人材をを選べるような制度が必要ではないでしょうか。

     数か月前の御日乗の立ち上がりは、足元がふらついている感じでした。しかし最近は、かつての渓流斎先生に戻って、かなり突っ走って?来ていますね。ファンはみな笑顔で迎えていますよ。

     

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください