私、祈ってます♪ 6 sence

成都チベット民族舞踊 美女たちに迎えられ Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

今晩も帰宅の電車がやられました。今春2度目です。つい、2週間前に遭難に遭ったばかりです。
まあ、はっきり言いますと、人身事故で大幅に電車が遅れて、吹きさらしのプラットホームで長い間、立って待たされた挙句、混雑した満員の社畜列車にギュウギュウ詰めにされて、疲労困憊といったところです。

前回は2時間半も貴重な時間を無駄にされましたが、今晩は1時間半で済みました。でも、冷酷ですが、いい加減嫌になりました。

他人様、それぞれ、特殊の事情がおありのことでしょう。誰でも、自分の悩みが世界一で、特殊ですからね。でも、これだけ、面識もない他人様に迷惑を及ぼすとは、考えたことはないのでしょうか。恐らく、当人は、判断力、思考力が大幅に欠けるか、なくなってしまったのでしょうね。

気持ちはよく分かります。私もそういう気持ちになったことがありますから、素直に同情できます。よーく分かります。

しかし、人生=時間ですからね。ヒトの人生を奪う権利は、なんぴともないはずですがね。

 成都チベット民族舞踊 はじまりはじまり Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

最近、メディアの自粛が気になります。

時の監督官庁のドンにどやされて、免許取り上げるなぞと脅されたものですから、春の番組改編で、危険分子のキャスターを入れ替えて、天下のNHKなんぞは、会長が上から目線で、内部の報道局会議で、「政府の発表に沿ったものだけ報道しておけばいい」などと、反骨ジャーナリストが聴いたら気絶するほど、反動的発言をして、その話が外に漏れて物議を醸しています。

これでは、天下のNHKは、単なる政府の広報宣撫機関で、1960年代に「イヌ・アッチ・イケー」と言われた時代に逆戻りしている感じです。

NHKの会長さんという方は、三井物産出身らしいので、相当気位も高い人とお見受けしました。よく「人の(三井)物産」「組織の(三菱)商事」なんて言われるように、物産は多くの人材を輩出していることで知られています。

この三井物産を実質的につくったのが、小田原三茶人の一人としても有名な益田孝(鈍翁)です。幕末生まれの彼は明治9年に、経済紙「中外物価新報」も創刊しますが、当初は、三井物産の社内報みたいなもので、物産の機関紙とも言われました。

それが、幾星霜を経て、現在の日本を代表する日本経済新聞になります。戦前、最も影響力のあった経済紙は時事新報でした。しかし、創刊者の福沢諭吉が亡くなり、番町会と帝人事件などで社長の武藤山治が暗殺されたこともあり、経営難で倒産してしまいます。これで、日経が時事に代わって経済紙のクオリティーペーパーに浮上するわけです。大企業が決算を発表するメディアは、日経というお決まりになりました。

ところで、日経は、元をただせば、物産の社内報ですから、最近の紙面を追ってみると、やはり、物産にとって耳が痛いニュースは、小さく扱う傾向がありますね。物産は、財閥解体で戦後再スタートして以来、昨年度は初めて700億円という大幅な赤字を出しました。石油危機でもリーマン・ショックでも赤字を出していなかったということになります。今回は、チリの銅事業の失敗などが原因です。

そんな歴史的な大ニュースなのに、日経だけは、どういうわけか、一面ではありましたが、小さい活字で目立たない所に配置されていました。他紙は、一面の右端の一番目立つところに、大きな活字を組んだにもかかわらずです。

ははーん、ですね。

物産の広報室は、隅から隅まで行き届いていて、有力メディアの経済記者を取り込んで、丸め込んで、いざという時は、ニュースにしないように「抑える」という噂を聞いたことがあります。あくまでも噂ですが。

最近の日経もNHKと同じように、政府関係者の意見を載せている無味乾燥な「官報」のような感じがします。

いずれにせよ、en tout cas, 渓流斎如き小物がほざいても、大メディアの皆さんは、何とも感じないでしょう。

★番町会と帝人事件については、http://ktymtskz.my.coocan.jp/cabinet/teijin.htm

“私、祈ってます♪ 6 sence” への1件の返信

  1. 「報道の自由」と「喜劇」
     「イヌ・アッチ・イケー」は初耳でした。ただ愚生の目には、渓流齋先生とところを変えて、NHKは「戦後体制」の「イヌ」と映りますが。

     高市大臣の「電波停止命令」発言。じつは民主党政権時代に副大臣が同じ答弁をしています。これを問われた岡田代表は「副大臣と現職大臣の違いは大きい」との迷言。着目するのはそこ?!
     レガシーメディアではこれらについてほぼ触れず、言論弾圧の方向へ話を引っ張っていました。

     さらに「ジャーナリスト」と称するおっちょこちょいたちが「表現の自由」への弾圧などと、虚に吠える茶番劇を演じました。
     やれ「高市さんに恥ずかしい思いをさせなければならない」とか、やれ「このままでは日本は大変なことになる‥ナチスのようになるかもしれない」などの妄言。
     一回目は悲劇として、二回目は喜劇として。いよ!喜劇役者たち!
     
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください