恥を知らない

帝都日比谷公園

「戦後最悪」の大量殺人事件が、神奈川県相模原市の障害者施設で起きました。
亡くなられた被害者は19人以上で、まだかなりの方が、重体のようです。

抵抗ができない弱者を無差別に殺害するとは、26歳の犯人の動機が分からないとはいえ、全く理解できませんね。重罰を受けてほしいですが、弁護士は、心神耗弱だのかんのと言って減刑を求めることでせう。遺族としては、たまったものじゃありません。

何しろ、犯人は、事前に大島理森衆院議長に、大量殺人を予告する自筆の犯行声明をわざわざ手渡しに永田町まで行ったそうじゃありませんか。

犯行現場は、今年2月まで犯人が勤務していた施設で、本人は、施設内で何か揉め事を起こしたとかで、退職前後に大麻を吸引していたことも発覚しています。

これから、どんどん事実が明らかになっていくでしょうが、両親は教師で、その両親が異様にも一戸建ての住宅から出てしまったという報道もありました。無職の犯人は、一人住まいで高級自動車を乗り回していたようですが、生活費の原資は何処からきたのか不思議です。

えっ?また、人身事故?

今年で何回目の遭遇だろう?

あと、一時間動かない?

困るしかないすね。(電車内で書いているため)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください