苦天の悪口

ミラノ

ネット通販の苦天の悪口を書きますと、また、栗林提督から怒られてしまいますが、やっぱり酷い会社だなあ、と思います。

例の本を注文したのが9月25日ですが、6日経った現在でも、まだ届かないのです。

競合他社でしたら、遅くても3日で届いたもんですが、1週間もかかるなら、本屋さんに注文しても同じで、送料もかからなかった…

あ、また、心が狭い嫌な性格を暴露してしまいましたね(苦笑)。

◇宿泊税を導入したイタリア

今度は、イタリア旅行の悪口ですが(笑)、前回行った時はなかった「宿泊税」なるものが、今年から請求されました。

「現代イタリア人は、ろくに働かず、過去のローマ帝国の遺産で喰っているのに、今度は宿泊税までとは!」と呆れてしまいました。

このことを、渓流斎ブログでも大々的に書こうかと思っていましたら、昨日、旅行代理店からメールがありまして、「ローマのホテルの宿泊税は、こちらの手違いでしたので返却します」との正直爺さんポチ借りてみたいな話をしてくるのです。

実は、結果的に宿泊税が掛かったのはフィレンツェ(郊外)だけで、ミラノ(郊外)のホテルは請求されなかったのです。この優柔不断な(笑)税金もあまりにもイタリアらしくてよく分かりませんねえ(笑)。

“苦天の悪口” への1件の返信

  1. ケチケチしてはいけませんね。
     イタリアで「宿泊税」を収奪された、と怒っては、渓流齋らしくありませんね。「海外旅行」というのは、行く先々で、大判振る舞いする人が、有資格者です。その覚悟がなかったり、それが嫌なら、国内で「安・近・短」の旅行で済ませることですね。「お茶屋」に行って、女将、仲居にチップや線香代を出すのが嫌だ、という”常識はずれ”というか、無粋なのと同じで、田舎者ですよ。ワハハ。大富豪、御用達のルイヴィトンの旅行かばんは、従者、召使いに持たせるものなのに、自分で、大きなカバンを持ち歩くのと同じです。ホント、漫画です。ワハハ。年収90万円覚悟の人がイタリア旅行に行くのも、奇妙な話です。ワハハ。渓流齋さんの年収は9億円の間違いじゃありませんか。ワハハ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください