子どもよりペットの方が多い日本

佐久間象山塾跡

今朝は、早朝、福島を震源とする地震で目が覚めました。

震度5弱だそうですが、関東地方も結構揺れましたね。

福島原発第3号機の冷却装置が停止したそうで、心配です。

東日本大震災から5年経ち、喉元過ぎて忘れるころです。そんな中で、福島の震災から避難して横浜に転校した子どもさんに、非情な悪戯やいじめ、というより、「賠償金出ているんだろう?」と言って、金品を強奪する犯罪が発覚して、何ともまあ、何も変わっていない日本人の心因性に呆れるばかりです。

最近の日本人で目立つのが、サイコパスです。平気でウソをついても、良心の呵責も罪の意識も全くなし。20万円拾えば、ネコババしても平気でしょう。

私の周囲にもサイコパスはいましたから、よく分かります。

◇子どもよりペット

2016年もあっという間に、もう直ぐ終わりですか。

最近のニュースでビックリしたことは、今、日本では空前のペットブームだそうで、何と、人間の子どもの数より、ペットの数の方が多いそうですね。

今年5月の時点の日本の子ども(15歳未満)の数は、1605万人(5年連続の減少)。一方、犬は992万匹、猫は,987万匹で、合計1979万匹なんですからね。驚くばかりです。

【追記】

このブログには、「リアルタイム解析」機能がついています。

たった今、電車の中で、スマホで書いて発信したところ、もう13件もアクセスがあり、この記事もすかさず読まれているのですからね。

たった今、送信したばかりですよ!

ビックリしたなあ、もう。

“子どもよりペットの方が多い日本” への1件の返信

  1. Unknown
     お勤めご苦労様です。早朝から地震、津波情報でテレビ、ラジオと電波メディアはその速報で大わらわですね。どうも、渓流齋子も、その一端を担っておられる方のようですが、「報道機関」という”野次馬”は、「我々は視聴者、読者に代わって取材して、報じている」と日ごろ偉そうに言っていますが、本当に、読者、視聴者、国民の知りたい情報を、何も流していないように思います。
     渓流斎子もその仲間、一党かもしれませんが、そこいらを、こういう個人ブログでチラリと書いてほしいものです。
     米国で「トランプ新大統領」が生まれたのも、日頃、「高邁なこと」を言っていても、所詮、ニューヨーク、ワシントンの一握りの支配階層の”情報宣伝機関”である、ニューヨークタイムズ、ワシントンポストと言った大手メディアの実体、正体を多くの米国民が見抜き、不審、信用していなかった証明です。そういわれると「ポピュリズムだ!」と言って反発のですから、たちが悪いですね。
     日本の大手メディアも、そうした米国の大手メディアの情報を垂れ流しにして「特派員」と言っているのは笑止千万です。同時に、日本の新聞、テレビも「東京」の視点だけで、報道しているので、早晩、同じ運命を辿ることになると予言しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください