高校時代からの親友神林康君が急死=ショックで立ち直れない

東京・銀座 「すが家」

 海城高校時代からの親友が急死したと聞いて、落ち込んでいます。

 今朝、急にテリー君から「康さん 御冥福をお祈りします。」とメールがあり、「えっ?何のこと? 高校の先輩で国際暗黒プロデューサーとして著名の康芳夫氏に御不幸があったのかしら?」と思ったら御健在で、後で、親友の神林康君のことだと分かり吃驚仰天。しかも、亡くなったのは4月27日(火)だったということで、10日も前のこと。病院に行く前に心筋梗塞で倒れ、そのまま、帰らぬ人になったというのです。行年64歳。今の御時世、若過ぎる。

 彼は一人っ子の独身で、都内で独り暮らしだったので、伝えようがありません。彼とは月に数回は連絡を取り合っていて、亡くなる数日前にテレビ電話で私の孫と一緒に話したばかりだったので、余計にショックでした。

 彼とは高校時代からのバンド仲間でした。彼の急死がどうして分かったかと言いますと、同じバンド仲間の幸信君が神林君とは中学、高校とも同窓で、中学時代のグループが、最近、神林君から連絡がないと不審に思い、連絡を取ったら、神林君の従兄弟が出てきて訃報を知らせてくれたというのです。

東京・銀座 「すが家」 広島産鯛茶漬け定食 抹茶付き 1600円

 それにしてもショックです。彼と初めて会ったのは高校1年の時で、私が無謀にも東京・池袋の東武百貨店内の楽器店で開催された素人バンド演奏会に申し込み、あまりにも下手くそだったので、観客として来ていた幸信君の中学時代からの友人だった神林君が堪りかねて飛び入り参加してくれたのでした。ギターとボーカルが私、ギターが幸信君、ドラムが黒川君、キーボードが武藤君、ベースが福沢君だったと思いますが、記憶は曖昧。皆、1年5組でした。神林君は1年8組でベーシストで、他の人とバンドを組んでいました。

 高校2年になると、彼とは同じクラスになり、ギター幸信君、ドラムス黒川君、ベース神林君との4人で、ビートルズのコピーバンドを結成しました。大学時代まで続き、名前は「ザ・ツオンズ」(雑音のこと)とか、「ドクター・ペッパーズ・ハッピー・メンタル・バンド」とか「ザ・パーハップス」(神林君と幸信君の「まあな」という口癖から)とか変遷しました。神林君はベースの他に、ギターもプロ並みにうまく、彼の日野の自宅に週末は泊りがけで遊びに行き、コードの抑え方など色々と教えてもらい、私の師匠のような存在でした。彼は楽譜は読めず、レコードを聴いただけで、音をとってしまうのです。耳が抜群に良いのです。何で?と聞いたら、彼の御尊父がピアノの調律師だったらしく、彼にも絶対音感があり、「遺伝かなあ」と打ち明けていました。

銀座 「すが家」 抹茶

 半世紀近い付き合いだったので、私の若い頃の華麗なる遍歴まで、彼は色々知っています。私が学生時代に失恋した時とか、仕事で失敗した時などは酔いつぶれて、彼には随分一方的に迷惑を掛けたものです。これから、もっとあの頃の恩返しをしたいと思っていたので残念無念です。

 社会人になってからお互い忙しくなりましたが、40歳過ぎてバンドを復活させて、幸信君の会社の同僚で、声量抜群のテリー君にヴォーカル参加してもらったりして、バンド遊びを続けてきました。でも、病気がちの彼は、急に体調を悪くしてドタキャンが続き、もう10年以上はバンド遊びができませんでした。それでも、連絡する度に「今度、またバンドやろうね」と約束してくれました。その約束を反故にするなんて…。

 確かに、神林君は社会的に何かをやり遂げたわけでもなく、市井の無名人であり、ブログに書くのもどうかなと思いましたが、私にとっては大切な親友です。もしかして、人類の中で最も、心の奥底まで何でも打ち明けることができる、かけがえのない友人でした。何と言っても、このブログを書いている本人が全く無名の凡夫なのですから、有名だからと言って、ナンボのもんじゃいですよ(苦笑)。

 もしかして、神林康君の急死をこのブログで初めて知る人もいるかもしれません。皆さんと一緒に彼のことを思い出して、冥福をお祈りしたいと思っています。それにしても、悲し過ぎる。

“高校時代からの親友神林康君が急死=ショックで立ち直れない” への2件の返信

  1. 貴方の旧友でバンドメンバー神林君のご冥福をお祈りします。実は私も同様に元ドラマーを一か月前に亡くしました。葬儀には元メンバーが集まり、そこで2週間後に久しぶりにジャムすることが決まりました。い週間後にバンドリーダーの弟からお兄さんがテニス中に脳梗塞で倒れたためジャムを中止するか電話があり、二人でもいいからしようということが決まり、先週弟が住んでいる高輪のマンションに行ってきました。しかし彼はギターも弾かずにひたすら飲んでばっかりいました。来週はリベンジで彼が家へ来て今度はまじめに弾いてくれるそうです。兄弟は立教ボーイでBeatniksとFBIという当時では人気のバンドでリードをやっていました。Beatniksは当時日本でNo.1のベンチャーズコピーバンドで全員ベンチャーズの最後の公園日にサイン入り(白インク)Mosriteギターを譲り受けています。Yamahaと競い合ったそうですが、最後にYamahaが一週間銀座のショールームに展示することで降りたそうです。私のMosriteは日本製で10年ほど前に中古で5万円(目玉品)ほどで買いました。重いのでもっぱらFenderのセミアコのThin Lineを使っています。
    一月にはもう一人の同級生でドラマーでゴダイゴのプロデューサーであったジョニー野村を亡くしました。長くなりましたが、音楽に関しては話が尽きませんね。

    1. 小澤譲二様
      コメント誠に有難う御座いました。
      モズライトと言えば、ヴェンチャーズですね。
      高校時代はそんな高いギターは買えませんでしたから、初めて買ったエレキは、グヤトーンというメーカーの中古。後で分かったのは、ネックが他の機種のものと継げ替えられていて、何か、人造人間サイボーグみたいなギターでした(笑)。その後は専らグレコギター。40過ぎてやっと高いギターが買えるようになり、今はギブソンとマーチンとオベーションを愛用してます。
      神林君のベースも結局、カールヘフナーが買えず、グレコのバイオリンベースで終わってしまいました。
      友人を亡くすと本当に辛いですね。心底めげてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください