打つべきか打たぬべきか、それが問題だ

  迷いに迷い果てましたが、24日(木)にワクチン接種することにしました。

 接種する所は、「空気銃事件」(液を入れないで注射するミス)があった同じ地元の会場ですが、まあ、しゃーないです。

 報道では全国で既に64歳以下や職域接種が開始されているというのに、私の地元では、恐らく、全国自治体の中でも高齢者の予約受付が最も遅いと思われる本日6月21日から、やっと、本当にやっと受付が始まりました。9時から開始だったので、通勤電車の中でスマホで予約しようとしたら、何と「メンテナンスのため本日13時以降から受け付けます」とのメッセージ。

 仕方ないので、13時になって予約すると、また同じメッセージが表示されます。「どないなっとるねん?」と苛立ちましたが、先に進んで「会場の予約」をクリックすると、やっと日程が表示されて、たった1件だけ残っていた24日(木)14時の予約をしました。2回目の接種は自動的に同じ日時になるので、7月24日(土)14時になると思われます。ワクチンはモデルナです。

 ワクチンに関しては賛否両論です。本日も、CNNニュースで、米プロフットボールリーグ(NFL)バッファロー・ビルズのワイドレシーバー、コール・ビーズリー選手(32)が、「ワクチン接種を受けるくらいなら引退する」とツイートして話題になっています。

 ワクチンは強制じゃないので、そういう人がいても尊重するべきだと私は思っています。

 私も迷いに迷いましたが、最終的に接種を決断したのは、日本国政府の菅首相も、東京都の小池知事も東京五輪開催の断行を決定したからです。「無観客」案を一蹴し、「最高1万人の観客」説も一蹴し、開会式では、何と2万人の観衆を入れるつもりなんですからね。ブラジルでは、コロナによる死者が50万人を超え、まだまだ感染者が増えている(サッカーの南米選手権の参加選手スタッフの65人が感染、ブラジル各地で新型コロナ軽視の姿勢を貫くボルソナロ大統領への抗議デモ)というニュースが昨日あったばかりだというのに、このブラジルを含め、世界中から選手、関係者を日本に入れるというのですから、まさに狂気の沙汰です。

 五輪を開催したせいで、感染者が拡大したら一体誰が責任を取るんでしょうか?バッハさんも、コーツさんも、菅さんも、小池さんも雲隠れするんじゃないでしょうか?

 私自身、ここ数日間、ワクチン接種予約に関して、どうしようか、てんてこ舞いで、今日もどうも予約が取れるまで気分が優れず、食欲もなかったので、銀座ランチを楽しむ余裕すらありませんでした。結局、会社の近くの「凱旋門」で、600円のカレーライスを食べました。600円ですよぉ! 安い~。

 銀座ランチを楽しめるのは、心身ともに健康で、食欲があった上での話だということを再認識しました。

“打つべきか打たぬべきか、それが問題だ” への2件の返信

  1. 疑惑のオリンピックが押し切られそうな最中 ワクチン接種はとても悩ましいです
    あまり目立たなかったですが、筒香選手は 副反応で調整に影響が有ったそうですし 楽観視できない報道もいくらかある中 何を信じて良いのか皆目分かりません
    心臓疾患 喘息 持病あり アナフィラキシー経験済み
    なれば どうあろうともそれが天命だと考えます

    どうぞ健やかにご自愛くださいませ

                   

    1. 村井様
      コメント有難う御座いました。
      全く自信がない記事で、皆様からの反応はないことだろうと思っていた記事へのコメントでしたので、余計に有り難くなりました。
      本日も、時の首相は「五輪期間中に感染が拡大したら、無観客にする」と方向転換するような行き当たりばったりの発言。
      庶民は振り回されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください