家計学園物語

滝の城まつり

斉川龍之介 創作「家計学園物語」

阿部関白太政大臣 あたくしは、お友達のことを依怙贔屓したり、公僕に圧力をかけたり、口利きしたりした事実はありません。もし、発覚したら関白を辞めてやろうじゃあ、(一呼吸置いて)ありませんか。

前の事務次官後川 「関白の御意向」「神祇官の最高レベルが言っている」との竹簡文書は本物です。不当な圧力で、行政が歪められました。

滝の城まつり

須賀官房長官 文書は、今東が言うところの「怪文書」であり、式部省の聞き取り調査では存在の確認はできなかった。そもそも、後川次官は、不祥事を起こして既に式部省をお辞めになった方で、悪所に通い詰め、夜鷹と遊び、内裏の御意向に背いて恋々と地位にしがみついていた下衆野郎です。何でそんな男の言ってることが信用できようぞ。

前の事務次官後川 私は下衆野郎ではありません。須賀長官こそ大嘘つきです。私は、泉洋人関白補佐官から「関白の口から直接言えないから、俺が代わって言う。関白のお友達の家計学園ために、伊予国に班田収受法を施行して、動物大学をおっ建てなさい」ときつく厳命されました。

滝の城

京都工業大学 それは面妖な。我らは、もう30年も昔から動物大学設立の申請を式部省に毎年してきたのになしのつぶて。これでは、関白のお友達の家計学園を依怙贔屓したことは明々白々の事実じゃあーりまへんか。

須賀官房長官 そういった事実は御座いません。既に正式な手続きを踏んで班田収受法は施行されました。

森朋学園児 こうして安心して暮らせるのは阿部関白のおかげです。阿部関白、万歳!阿部関白、万歳!

つづく

“家計学園物語” への1件の返信

  1. 「民間議員」とは何ですか
     「加計学園」で検索したら、このブログに行き当たりました。”加計問題」で、「特区」の在り方が話題になっていますが、安倍首相は国会の質疑で「民間議員の先生方が怒ってられますよ。民間議員の方たちは『総理が勝手に加計学園を決めるなんてことはあり得ない。我々が審議しているのだから』」と答弁しています。
     マスコミも、「民間議員」という表現をそのまま、鵜呑みに、簡単に使っていますね。
     我々は有権者は、こんな「民間議員」を選んだ覚えは一切ありませんね。この人たちは「議員バッチ」をつけているのですかね( ´艸`)。
     「議員」とは、国や地方自治体に設置されている議会、及びその他の議決機関を組織し、その議決に加わる資格を有する者。原則、「議員」の選出は公選制であり、選挙権を有する有権者による選挙によって選出される、と定義されています。
     安倍首相が勝手に、選んだ,単なる「規制改革会議」のメンバーを「議員」、「民間議員」と称するのは、国民不在の象徴、今の日本の政治、社会のゆがみを表しています。安倍首相の独裁政治での一端で、不遜です。
     これを,、テレビ、新聞などマスコミまでが、黙認、そのまま疑問も持たず「民間議員」と報じていて、呆れてしまいますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください