「東京アウトローズ」はエグイサイトです

両国
 山梨にお住まいの武田先生は、お忙しい中、寸暇を惜しんでエグイサイトを探訪するのが趣味で、時たま、小生にもその存在を教えてくださいます。

  エグイというのは、皆さまが期待されるようなそっち方面ではありません。悪しからず(笑)。

 社会の深層や不条理、弱肉強食、企業スキャンダルなど、正直もんが損する世の中をぐさっと斬り込む社会構造とカラクリを暴露した地を這うような無償の愛の行為とも言うべきサイトのことです。

 今回、武田先生から紹介されたのが、東京アウトローズ WEB速報版という実にエグイサイトです。「茶太楼新聞」もびっくりですね。

 まあ、グダグダ説明することなく、ただ読んで頂ければ、内容が分かりますが、2017年6月12日(月)付の記事には、【アウトローな豆知識】 ジャーナリスト上杉隆らが「準強姦疑惑」の元TBS記者・山口敬之に言及、「スパコン補助金」で2億円のバックマージン―といった最先端の流行(?)を行く記事を掲載しております。

 何で、こういうようなネタが取れるのか不思議でしたが、このサイトは、編集長の奥村順一氏と雑誌「財界展望」の元編集者が集まって発刊した「真相リポート」で、企業のスキャンダル取材はお手の物のようです。

 ツイッターもやっておられるようです。

 しかも、このサイトでは「内部告発」や「情報提供」も求めており、なるほど、インサイダー情報でしたら、それに勝るものはないと納得した次第です。

 ついでながら、この東京アウトローズのツイッターがリンクというか、フォローしていた百田尚樹氏の「安保タダ乗り論」に井上達夫氏が激昂!「あなたほんとに右なの?」を思わず見てしまいました。普段、私はあまりテレビを見ませんから。

 百田さんといえば、あの強面で論法鋭く、天下無敵の右翼の巨魁として有名ですが、井上さんから「あなたは本当の右翼ではない」と論破されても、何ら言い返せず、たじたじになっていたので驚愕してしまいました。意外と優しい人なんですね。

一方の井上さんは、鐘馗様のような怖い髭を生やして如何にも恐そう。「憲法9条削除」論者で、将来的には日本に徴兵制を復活させることが信念のようです。大島渚監督のように直ぐにキレやすく、いかにもテレビ受けしそう。

東大教授で、左翼護憲派を怒鳴り倒し、極右の方かと思ったら、本人はリベラルらしく、これでは昔のように、右翼とか左翼とかいったジャンル分けがいかにナンセンスなのか、よく分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください