ワクワク・メールがわんさか、わんさか

 最近、見知らぬ人からのワクワク・メールがわんさか来ます。

 先日は、ジェシカちゃんという若い女性から、「はーい、髙信さん! メールアドレス変えたので、こっちに返信してね」と来ました。ジェシカちゃん? うーん、誰だっけなあー?と思いつつ、特段の緊急の用がないのでそのままにしていたら、今朝は何と朝の5時に、今度はジェーンちゃんという女の子から、また同じ英語の文面が送られてきました。

そう言えば、先週は、ジュリアちゃんから「私はあなたの応答が必要です」と日本語で至急便が届きました。 

良い一日、私はあなたの資金をATMカード経由であなたに送金する義務があります。(中略)ATMカードがあなたに送られるように適切な手配をします。次のことを私に再確認してください。

1.あなたのフルネームとフルアドレス

2.私がいつでもあなたに連絡できるようにするためのあなたの直通電話番号

敬具、

 なるほど、なるほど。わざわざの御連絡、痛み入ります。

 そうかと思えば、先々週は、ケイトさんという年配の方から「あなたのメールはあなたのためにお金を獲得しました(完全な詳細を読んでください)」とのメールが、これも日本語で届きました。 

 私の名前はケイト・ジェームズ夫人です。私は81歳の子供がいない未亡人で、献身的なカトリックの女性であり、スコットランドの不動産業者です。私は11日目から不幸なcovid-19ウイルスと闘っていますが、医者は「私」は私の年齢のために生き残れないかもしれないと言いました。二日前、神の預言者が私のために祈るようになりました。そして私のために祈った後;預言者は私のお金をすべて見知らぬ人に分配するように私に言いました。(中略)今すぐ私の弁護士にメールで連絡し、あなたが18番であることを彼に伝えてください。そうすれば、「彼」から合計USD4,000,000.00が送られてきます。(後略)

 そうですか。わざわざ、「見知らぬ人」と正直に断っているところが素晴らしい。怪しい人ではなさそうです。しかも、外国人なのにとても流暢な日本語の文章を書かれる。Googleの翻訳ソフトも、人工知能(AI)もこんなに書けないでしょう。

 実は、この他に数十件のワクワク・メールが、私のメールボックスに充実しているのですが、最後に1件だけ御紹介致しましょう。 

 こんにちは、サー。私の名前はバンギ中央アフリカ共和国のニコラ・チャンガイさんです。私はあなたに送った私の電子メールの無応答に行う前にあなたと一緒に来ました。 そして、あなたの国の市民であり、あなたと同じ姓(姓)を持っている私の亡くなったクライアントに関する私の以前の電子メールを確認する機会を得たかどうか疑問に思いました。私はあなたの親戚/子孫および国籍である可能性があると信じていました。 より多くの情報と説明を喜んで提供します。ありがとう、よろしく、

 まあ、全く聞いたこともないアフリカの国からなのに、何と完璧な日本語。自分のことを「さん」付けするとは、相当、日本語に精通しているとしか思えません。こちらこそ、ありがとう、よろしくです。

このように、インターネットで国境を越えて見知らぬ人から瞬時に多くのメールが毎日、毎日届き、メールボックスは満杯になります。善意と利他主義精神に満ちていますね。やるじゃん、人間って捨てたもんじゃない。素晴らしい!

 それにしても、どうして私のメールアドレスが世界中に漏れたのかしら?えっ?何? 全く同じ文面のメールが貴方にも届いているんですか? あらまあ、あたしだけかと思ってました。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください