因果応報 

人は自分の思い通りには動きません。だから、他人をどうこう説得しても無駄です。それがたとえ家族であっても。

「話し合えばわかる」ことなど万に一つしかありません。

人を動かしたかったら、自分が変わるしかありません。見方や考え方を変えるだけでもいいのです。

すると、不思議と相手も変わるのです。

しかし、実は相手が変わったというのは、そう見えるだけなのです。頑固な相手は何一つ変わっていません。

でも、それでいいのです。自分の考え方を変えることによって、相手に対する思いやりも生まれ、相手に対する不満も怒りもどうでもよくなってしまうのです。

だから、人を怨めば、7倍になって跳ね返ってきます。人は自分のことをよく思っていない人に対して、どうして無償の愛を注ぐことができるでしょうか。

人を呪えば、相手からも数倍の力で呪われるのです。あなたが正当だと思っている恨みでさえも、相手にとっては、単なる嫌がらせか独りよがりな言いがかりとしか捉えないわけですから、その卑劣さに対して、相手も応酬する権利があるからです。

嫌な相手でも、1つくらい長所があるはずです。

そのたった1つの長所に神経を集中して好意を持ってください。

すると、不思議と相手からも好意が100倍になって返ってきます。

“因果応報 ” への1件の返信

  1. 共鳴

     大切なことは 同じものが あるから相対しているということです。 特に いやだなあと感じる部分は 。。。
      
      だから 自分が変わったもん勝ちということですね。 
      鏡になって教えてくれてる人には
      感謝だけが残るのです。
     気がつけば ありがたいことしかないことに
     人生気づいていったもん勝ちなのです。
      本当にそうなのですから。。。。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください