沈みゆくヴェネツィア

ゴンドラ

沈みゆく広場

颯爽としたヴェネツィアっ子

観光客の群集

ヴェネツィアのサンマルコ寺院広場に着くと、「アクア・マルタ」といって、高潮が押し寄せて、広場が水浸しでした。

15~17世紀に栄華を誇ったこの水の都も、現代では、観光以外にこれといった産業もなく、堪りかねた市当局が20年ほど前に、石油コンビナートなどの工場を誘致した結果、地下水の汲み上げによる地盤沈下が起きしてしまったそうです。

まさに、沈みゆくヴェネツィアです。

鳩も多かった…

人口と同じ6万人の観光客が毎日押し寄せるそうで、人間の重みで、なおまた、地盤沈下が進むのではないかと心配しています。ヴェネツィアの中心街から、お金持ちはとっくに郊外に逃げており、中心部にいるヴェネツィアっ子は、観光客相手の関係者ぐらいといった有様です。

ここで、有名なベネチアングラスの工房を見学しました。

若いイタリア人が、「寄ってらっしゃい、見てらっしゃい」と、日本語で盛んに売り込んでいるのです。

「落としても割れない」と言って、デモンストレーションをしていましたが、ワイングラスのセットが何と2000ユーロもするのです。催眠術にかかった日本人観光客は買っていましたが。

女優さんみたい!

ヴェネツィア刺繍の店見学もコースに入っていました。

すべて「手作り」なので、30センチ×30センチの大きさでも三カ月は悠にかかり、値段も40万円と目の玉が飛び出るほどでした。

ヴェネツィアングラス工房

ところで、イタリアの最高級ワインをご存知ですか?

ブルネッロ・ディ・モンタリチーノという銘柄で、ヴェネツィア・サミットでも各国首脳に出されたそうです。

日本のレストランで飲むと1万5千円は取られるそうです。

それを私は、現地で半額以下で購入することに成功しました。

ヴェネツィアの夜に飲んだキャンティ・クラシコも美味しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください