1979年欧州の旅

ミラノ

【1979年7月19日(木) 曇 宿泊都市:ロンドン】

with 今村氏

Abbey Road

Regent park

Paul McCartney の自宅を見学

朝:食いそびれ

昼:スーパーで66ペンスのチキン、ブレッド、ミルク、トマト しめて1ポンド15ペンス1/2 リージェント・パークのベンチで食べる

夜:ビーフカレー、ビール 1ポンド32ペンス+tax で 2ポンド3ペンス

【補遺】

あこがれのアビイ・ロードの横断歩道を渡って写真を撮り、ポールの家を探し当てた(改築中だった)というのに、感動のひと言も書いていない。どうしたのかなあ?

【7月20日(金) 宿泊都市:ロンドン】

一日中、何もなし。すべて失敗。

ただ一つよかったことは、安い学宿を見つけたこと。食事付きで1泊約2300円。

ピアノが久しぶりに弾けて嬉しかった。

全く迷いどおしの一日。

British Museum に着けば、ギリギリで締め出しを食ってしまった。

明日ももう一泊ここでするので、少しは落ち着くつもり。

あさってはLiverpool に行くと思う。

朝:ホテルのビュッフェ

昼:ハンバーグ92ペンス、ミルク16ペンス、缶ビール25ペンス、コーラ25ペンス

夜:ホステル ビール2本 54ペンス

ホテル:International Student Center 4ポンド71ペンス

【補遺】

何が失敗だったのか、よく覚えていない。

【7月21日(土) 曇 宿泊都市:ロンドン】

朝はEarl’s Court を散歩したり、郵便局へ行ったりしたらつぶれてしまった。ポストカード 15ペンス

昼はBritish Museum に行く。

夜は Picadely Circus で下らぬ映画 2ポンド50ペンス

地下鉄 80ペンス×2 ビール 66ペンス

ホテル:ISC 4ポンド71ペンス

【補遺】

大英博物館で、エジプトのミイラを見て圧倒されたりしたが、記述は全くなし。もちろん、映画を何を見たのか覚えていない。

【7月22日(日) 曇 宿泊都市:リヴァプール】

あこがれのリヴァプール! 結構広いのでビックリした。午後4時に着いて、インフォメーションセンターでYMCAを紹介され、落ち着く。西独のグループと一緒になる。

ロンドンのイーストン駅からリヴァプールのライム・ストリート駅まで20ポンド50ペンス。5時間くらいかかったが、車中、8歳のかわいい女の子と暇をつぶした。母はチェコ人、父はスペイン人、彼女は英国人というので、感心してしまった。最初は男の子かと思った。

宿に着いて、ブラブラしていたら親切なおじさんが「バス(64ペンス)に乗ったらいい」と教えてくれた。かなり寒かった。ペニーレインまではすぐ分かったが、ジョンの自宅の方はひどく迷った。まるっきり規模が違うのでビックリした。

ここは午後10時でもまだまだ明るいので、すぐ時間がたってしまう。クオリーバンク中学の横にはどでかい公園があって、ジョンもここで遊んだんだろうなあと思うと胸がつまってきた。

ミミおばさんの家では、せっかく我々は日本から来たのだからと思って、ブザーを押したら、奥さんが出てきて、「ミミおばさんは、もう13年前に引っ越した」と話してくれた。「そういえば、そうだ」と思って、「悪いことをした」と思った。

朝:ISTのビュッフェ

昼:車中 57ペンス

夜:Wimmpy で 140ペンス ハンバーグ53ペンス

ホテル:YMCA ダブルで3ポンド90ペンス

【補遺】

ジョン・レノンが住んでいたリヴァプールに自宅に、関係者が住んでいるわけがなく、ブザーを鳴らしに来た日本人は何百人といたことでしょう。悪いことをしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください