高級腕時計、ドタバタ騒動記=結局、売っちゃいました…

「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」ー。夏目漱石の「坊ちゃん」の冒頭が思い浮かんできます。

 例の私が所有する高級腕時計グランドセイコーが、3~6年おきのオーバーホールに5万円も掛かる話は以前、このブログに書きました。そして、そのオーバーホールは工場に直送してやってもらうために、1カ月半も掛かるというので、その間に、代替時計として、デンマーク製の腕時計をわざわざ購入した話も書きました。

 話はとんでもない方向に転換してしまいました(笑)。

 オーバーホールは、天下の東京・銀座の和光(服部時計店)でお願いしたのですが、そのオーバーホールに1カ月半掛かると言われていたのです。それが、わずか2週間で済んでしまったのです。どこも故障もなく、部品交換もなかったので、4万1800円で収まりました。

 でも、3~4年に1回は必ず電池交換(5500円ぐらい)しなければならず、オーバーホールで毎回5万円近く掛かるようなので、この先、ものは考えようです。デンマーク製だろうが、何だろうが、3万円の腕時計を5年ごとに買い替えて楽しめばいい、という考えもありだなあ、という考えに至ったことも、以前、このブログに書きました。

 和光で自分のグランドセイコーを受け取った時、そっかぁー。オーバーホールで新品同様になったのだから、このまま売っちゃえばどうだろう!?と思ってしまったのです。

 調べたら、和光の向かいにある銀座4丁目交差点近くにある有名な「鳩居堂」の地下に「なんぼや」というブランド品買い取り店があることが分かり、早速、行ってみました。

 心の中では、「10万円切ったら、そのまま持ち帰ろう」という魂胆でした。いくら5年以上も使用としたとはいえ、オーバーホールもしたわけだし、購入した時の半額の15万円ぐらいいけばベストだ、と思ったわけです。

 でも、提示された金額は唖然としたものでした。6万5000円だというのです。何やら、高級腕時計の中古販売には暗黙の買い入れ価格基準があるらしく、現在、出回っている中古市場の販売価格の0.4倍か0.5倍が買い入れ価格の相場になるというのです。ただ、ロレックスだけは投資目的で未使用が多いために、特別に0.7倍になるという裏話も聞きました。(でも、ロレックスでしたら、オーバーホールに10万円近く掛かりまっせえ)

 私のグランドセイコーの同色、同機種の中古販売価格は、現在、最高でも15万円だとか。買い入れ価格は、0.4倍なら6万円、0.5倍なら7万5000円となるわけです。阿漕だなあ。何と言うボロ儲け!(笑)。

 私は10万円以下なら売るつもりはなかったのですが、話をしていると少し妥協してくれる姿勢を「バリューデザイナー」という肩書の名刺を持つM氏が見せてくれました。「そうですね…。オーバーホールをしたばかりで、5万円ぐらい余計に掛かっていらっしゃるようですからね…、7万円とかなら、どうでしょう…」

 そこで、私は清水の舞台から飛び降りる覚悟で提案しました。「分かりました。10万円以下なら売るつもりはなかったのですが、8万円ならどうですか?それ以下でしたら、持ち帰ることにしますが」

 そしたら、百戦錬磨のM氏。「わ、分かりました。8万円。成立ということで!」

 てなわけで、最初の漱石の「坊ちゃん」じゃありませんが、「親譲りの無鉄砲で子供の時から損ばかりしている」というフレーズが頭に過ぎったわけです。東京都心の銀座のど真ん中で、我ながら、何やっているんでしょうかねえ?恐らく、僕のグランドセイコーは、これから、業者間で取引され、中古市場で15万円以上で販売されることでしょうが…。

 でも、何か、これでスッキリしました。何と言っても、もうメンテナンス代の心配もなくなりました! 大損はしましたが、十分楽しめました。たかが腕時計、それでも腕時計の話じゃありませんか。

【追記】2022年7月28日(木)

 グランドセイコーもピンからキリまでありまして、最安で大体25万円、最高となると500万、600万円クラスもあります。安いのはクオーツ式と呼ばれ、約3年おきに電池交換が必要(5500円)です。3~5年おきのオーバーホールは4万1800円ぐらい。次は機械式と呼ばれ、いわゆるゼンマイによる自動巻きなので、電池交換はありませんが、オーバーホールに5万1700円以上はかかります。

 最高級品はセイコーが独自に開発した「スプリングドライブ」と呼ばれ、クオーツと機械式が合体した正確無比の時計です。私が欲しいなあと狙った白樺をモチーフにした「エボルーション9(SLGA009)」は、税込みで104万5000円もします。勿論、電池交換は必要ありませんが、3~5年おきのオーバーホールの料金が8万6900円以上かかります。100万円クラスの時計なら、当然、それぐらいするでしょう(笑)。

 「家宝」として購入しても良いのですが、譲られた子孫も大いに迷惑することでしょう。3年ごとに10万円近く維持費を払わなければいけませんからね(爆笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。