久しぶりの麹町

ヴェニス

昨晩は、麹町会館の地下1階の「平河」で、後藤さんと、かんき出版の中馬さん、辰巳出版の大西さんと私の4人で、飲み会。おまえは、いつも飲んでいるなあ、と言われれば、その通りかもしれませんね。

かんき出版 http://www.kankidirect.com/info001.php は、光文社の社長だった神吉晴夫さんが1977年に創業した「実用書」専門の出版社です。いわゆるKグループ、音羽派ですね。麹町に本社があります。パソコンの「手にとるようにわかる」シリーズや英会話学校のイーオンと手を組んで出版した「英会話」シリーズがベストセラーになっています。確か、このイーオンの創業者は、今はときめく歌手のアンジェラ・アキのお父さん、と聞いたことがありますが、裏は取っていません。

辰巳出版 http://www.tg-net.co.jp/main.html は、創業40周年。最近、実用書専門の日東書院を買収するなど多角的な総合出版社に変身して、いまや日の出の勢いの出版社です。昔はグラビア誌やパチンコやつり関係の本が多かったのですが、料理や健康といった衣食住の関係の書籍も目立つようになりました。大西さんとは、後藤さんを通してもう15年以上前に知り合ったのですが、今では(確か)専務さんに出世され、雲の上の存在になってしまいました。

特に、何を話したのか、またまた覚えていません。雑談程度でした。

麹町は久しぶりでした。この近くの文藝春秋にはよく行ったものでした。雰囲気のいい店がたくさんあります。麹町会館は、教職員組合の会館で、「助成金」が入っているので、格安でした。お奨めです。麹町会館の向かいに城西国際大学があったり、明治薬科大学の創設地の碑があったりしました。こういうものは、へーと思って立ち止まって眺めてしまいます。

ところで、少し思い出しました。時の総理大臣に絵の手ほどきをしたタレントのK画伯の本が企画されているそうです。来年の1月出版予定。辰巳出版になるか、かんき出版になるか、同時代人として、注目しませう。

“久しぶりの麹町” への1件の返信

  1. おわびと訂正
    かんき出版は、音羽派ではありませんでした。

    アンジェラ・アキは、やはり、イーオンの安藝社長の娘さんのようです。だから、本名のようです。母親はイタリア系アメリカ人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください