ノーベル賞をとるための秘訣

函館

日本経済新聞の「私の履歴書」で1月1日からノーベル物理学賞の江崎玲於奈氏が始まりましたね。同氏は、ノーベル賞を獲得するために、してはいけない「5か条」を挙げています。怒られることを承知で私なりにリライトするとー。

1、今までのしがらみにとらわれてはいけない。思い切った創造力が発揮できないから。

2、大先生にのめりこんではいけない。権威の呪縛にはまって、自由奔放な創造力が萎縮するから。

3、無用な情報に惑わされてはいけない。約20ワットで動作する我々の限定された頭脳の能力に配慮し、必要不可欠な情報だけを処理すること。

4、自分の主張を貫くためには戦うことを避けてはいけない。

5、子供のような飽くなき好奇心と初々しい感性を失ってはいけない。

江崎氏が、いかに創造力を重視しているか分かりますね。同氏によると、人間の知的能力には、物事を理解して判断する「分別力」と新しいアイデアを生み出す「創造力」の二元性がある。20歳から70歳までが人間の活動期とすると、分別力は、20歳が「0」だが、70歳で「100」に到達する。しかし、創造力は、20歳が「100」で、70歳になると「0」に落ちてしまう。その交差点は45歳。創造力と分別力が拮抗する両者の触発が活力源になると、45歳前後で大きな仕事ができることになる、と言うのです。

現在、45歳前後のあなた!チャンスですよ。これから45歳に向っている人も同じです。

既に45歳を過ぎてしまった人ですか?

うーむ、努力次第で大丈夫だと思います。何しろ分別力がありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください