人真似小猿

 渋谷

最近、日本でも大学の助教授を「准教授」と呼ぶようになりました。マスコミがそう呼ぶのを決めたのではなく、今年の4月から、大学当局というか文部科学省が通達したのです。准教授は、アメリカのassociate professor の訳なのですから、アメリカの真似です。そう呼ぶようにアメリカが言ってきたのでしょうか?

 

そう言えば、財界ではもう何年も前から、会長や社長と並行して最高経営責任者(CEO)などとしゃれて言うようになりました。しゃれて?どうせまた、真似なのでしょうけど…。

 

もうすぐ始まる裁判員制度もアメリカの陪審員制度の真似というか、強制なのかもしれません。

 

お遊びのスポーツでもありました。日本のプロ野球のセ・パ交流戦です。まさにこれは大リーグの真似ですね。

 

小津安二郎の映画の世界が、日本人の原点とか日本的というと、もう笑われるかもしれませんが、今の日本にはもう小津的日本人は一人もいません。ないものねだり。喜んでいる方々もたくさんいるでしょうが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください