私の正体 

 六本木

 

私のブログの愛読者(?)のほとんどの方とは、面識があるので、私のプロフィール等を隠すこともないのですが、それでも、一応、曖昧にしております。でも、曖昧にしていると、「こいつは何者だ」とという好奇心が異様に高まるらしく、何が何でも、正体を明かそうと、躍起になる方もいらっしゃるようです。私が書いたほんのちょっとした記述で、名前、性別、職業、住所、家族まで暴いてしまうのですから、ご苦労様と言うしかありません。

 

そこで、私の正体を暴くヒントになると自覚しつつ、書いてしまいますが、今日は、某鉄道で電線切断事件があって、大変な目に遭ってしまいました。約18万人に被害が及んだということですが、私もその一人でした。

 

幸運なことに、本日は代休で会社に行くことはなかったのですが、数年前に会社を退職した同期の三田孝治君(仮名)と東京駅前の新丸ビルで会う約束があったのです。結局、1時間遅れて、彼とは会うことができました。

 

彼は、とても変わった人です。早期退職で会社を辞めましたが、公募によって、公立の図書館の館長に90倍の難関を突破して採用されたものの、わずか、2年半で退職してしまうのです。その後、何をしたかというと、ロンドンに留学するのです。大英博物館でキューレーター(のようなもの)の資格を取って、今年4月に帰国したようでした。彼と会ったのは、4年ぶりでしたが、4歳くらい若返った感じでした。特に、大志や野心があるわけではなく、「会社を辞めても、何とかやっていけることが分かったよ」と非常に楽観的でした。まあ、楽観主義者だから、そういう冒険ができるのでしょうけどね。

 

前日に彼から急に「会いたい」と電話が掛かってきました。結局、用件らしい用件というのは、彼は新しく、ネットで始まった中国関連の写真ニュース配信会社の編集主幹に就任したので、おまえも手伝わないか、ということでした。社長は、中国南京市出身の中国人で、東京の大学の博士課程で学んでいる人だそうです。

 

そのホームページを覗いて見たのですが、なかなか大したものでした。もう少し詳しく書きたいのですが、もう少し、話が具体化したら改めて書いてみたいと思います。

こんな情報で私の正体が暴けたでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください