防衛省収賄事件

 

 

 

この二週間、世間では色んな事件やニュースがありましたが、やはり、最も大きかったのは、防衛省前事務次官の守屋氏の収賄容疑による逮捕でしょう。

全く言語道断の話なのですが、ゴルフ接待などの遊興費で500万円というのは、どこか金額が少なすぎます。五,六年に渡る話なので、年間100万円程度の賄賂だとしたら、月に10万円にも満たない。守屋氏逮捕もどこかスケープゴートの臭いがしないでもありません。もちろん、守屋氏の顔相はかなりの悪相で、とんでもない男であることは確かなのですが…。彼を知っているK君は「捕まってざまあ見ろですよ」と言っていたくらいですから、相当なワルなのでしょう。

 

しかし、巨悪は捕まらず、枕を高くして寝ています。特に怪しいのは、戦前どころか、明治時代から軍需産業として、時の権力者と結託しているM社です。特に「キャラメルからミサイルまで」と言われているM商事なんかは桁違いの接待攻勢をかけているはずです。

防衛のトップを経験した大物政治家K氏もN氏も捕まっていませんが、やはり、怪しい。守屋氏とは桁違いのお金を懐に入れているんじゃないかと疑っています。

これらは想像の域を出ていませんが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください