「ETV特集 ロシア革命100年後の真実」は必視聴番組です。

ロシア革命から100年後の東京・銀座

11月25日夜11時からEテレで放送された「ETV特集 ロシア革命100年後の真実」は、ここ何十年間で最も興味深い内容のテレビ番組でした。国民を馬鹿にするようなお笑い番組ばかり作っている民放では作れませんね(笑)。

「100年後の真実」では、まさに、これまでの歴史観を180度転換してしまうような「コペルニクス的転回」の真実が明らかにされます。(期間限定で今ならネットで視聴できます!)

1917年の「十月革命」から今年でちょうど100年。1991年のソビエト連邦崩壊から26年。今やそのロシア革命に対する国民の評価が分かれているというのです。

◇ロシア政府主催記念式典なし、十月革命は単なる出来事!

何と言っても、プーチン政権は、政府主催のロシア革命100周年記念行事を行わなかったというのですから、現政権のロシア革命に対する捉え方が分かります。

しかも、驚くべきことに、かつては「偉大なる十月社会主義革命」と教科書などで教えていたこの革命が、今の公立高校の歴史では、単なる「1917年10月の出来事」として教えているというのです。

巨匠エイゼンシュタイン監督は、映画「十月」の中で、革命軍が、臨時政府閣僚が立て籠もる宮殿に押し寄せて、抵抗勢力と戦い抜いて漸く勝利を収める、まさに「偉大なる十月社会主義革命」が劇的に描かれていますが、実際は、閣僚たちはさほど抵抗せずにいとも容易く逮捕されています。

まさに「出来事」でしたが、事実としては革命の指導者レーニン(1870〜1924)らによるクーデターだったのです。

レーニンは、公約通り、翌11月に「憲法制定議会選挙」を実施します。ところが、蓋を開けてみると、社会革命党(エスエル)が410議席で首位、レーニン率いるボリシェビキ党が175議席の2位に甘んじ、これでは、ボリシェビキが政権を担うことができなくなりました。

この時、レーニンは禁じ手を使います。翌日、議会を封鎖して議員を入れなくして、憲法制定会議を解散してしまうのです。

レーニンは、自著「国家と革命」の中で披瀝したように、議会制民主主義を否定してしまったのです。

内戦に突入します。ボリシェビキ支配下の赤軍と反革命軍の白軍が血と血で争う内戦を始めました。後のKGBの前身の秘密警察チェカ(非常委員会)も作り、反対者を弾圧します。

間の悪いことに、翌1918年に飢饉が襲い、都会では餓死者が続出します。レーニン政権は、農村に食糧徴発部隊を派遣して、農村から食糧を搾取したため、農民も武装して抵抗するようになりました。

◇タンボフ農民を毒ガスで虐殺

1920年、モスクワから南に400キロ離れたタンボフ県では富農が多かったため、政府は重点的に食糧徴発部隊を派遣します。堪忍袋の尾が切れた農民3万人が反乱を起こし、レーニンは10万人の赤軍を派遣します。

この番組で「初公開」と銘打って明らかにした歴史的事実は、1921年6月12日、赤軍はここで毒ガスを使用し、1万4000人の農民を殺害したというのです。ロシア国内で化学兵器が使われた唯一の例だということです。

レーニンは、資本家が独占する富を分配して貧富の差のないユートピアのような社会主義国家を目指していたはずです。レーニンは暴力に基づく政権奪取と革命を主張しました。これでは、大衆に向けた赤色テロです。

今、 ロシア革命の評価が分かれる理由がよく分かります。

歴史学者のゲンナジー・ボルジュゴフ氏によると、ロシア革命では、内戦や諸外国からの干渉などによる戦いなども含めて1000万人から1200万人の人が犠牲になったといいます。

同氏は「革命は、いくらロマンチックに語られようと、起きてはならないと考えます。政権に就く者には常に社会の爆発を予見する賢しこさが必要です。それは、自らを改革変化する力で、そうしないと、多くの犠牲を生むことになる」と発言してましたが、私も同感ですね。

◇ドイツが革命に45億円も資金援助

番組では、このほかに、第一次世界大戦中(1914〜1918年)、ドイツ帝国(ウィルヘルム2世)が、ロシアを戦線から離脱させるために、密かに、レーニンの革命同志だったゲリファンドに100万ルーブル(今の価値で45億円!)もの大金を渡したという事実を、ドイツ外務省アーカイブの資料から暴いていました。

実際、この大金は革命運動に使われ、1917年2月の「二月革命」(300年続いたロマノフ王朝崩壊)の成功などにつながるわけです。

いやあ、私も、ロシア革命については、教科書的なテクストでざっとしか学んでいなかったので、知らなかったことばかりで、まさに目から鱗が落ちるような話で、1時間ずっと圧倒されっぱなしでした。

1924年1月21日、レーニン死去。享年53。この番組で初めて、レーニンの動く姿と声を聞きましたが、こんな若い時に歴史的な大革命を成し遂げたことに感心していました。とはいえ、1200万人の犠牲者は、レーニンの責任と言えなくはありません。

この番組で、すっかり、感心から否定に評価が変わってしまいました。

“「ETV特集 ロシア革命100年後の真実」は必視聴番組です。” への1件の返信

  1. この8月に発売された江崎道朗著”コミンテルンの謀略と日本の敗戦”(PHP新書)を今読んでいるところですが、個人的に20世紀の史観がちょっと変わるくらいの視界が開けた気がしています。ゾルゲや尾崎の名も出てきます。ご参考にどうぞ。

ご意見、ご感想をお聞かせください!