哈爾濱学院顕彰基金によるシンポジウムのお知らせ

★哈爾濱学院顕彰基金によるシンポジウムについてお知らせ致します★
(事前申込、参加費不要です。)

「ハルビン学院と満洲国 (新潮選書 1999/3)」「満洲の情報基地ハルビン学院(新潮社 2010/8)」の2冊の著者である 芳地隆之氏の講演「ハルビン学院の25年」が東京・上智大学ロシア語学科で開催されます。

現在、ハルビン学院生は90歳以上、出席が難しくなっています。御家族、ご遺族、学院に関心を寄せる方は、哈爾濱学院についての理解を深める良い機会です。一般の方も是非この機会にご参加下さい。

詳細は以下の通りです。

※※※※※

上智大学外国語学部ロシア語学科では、来る2018年1月20日(土)に哈爾濱(ハルビン)学院顕彰基金シンポジウムを開催いたします。今回は2020年に創立100周年を迎える 哈爾濱学院そのものをテーマといたしました。ご興味・関心をお持ちの方は是非ともご来場ください。事前のお申し込み、参加費は不要です。

上智大学 哈爾濱学院顕彰基金シンポジウム ~ハルビン学院100周年にむけて~
【日時】 2018年1月20日(土) 14:00~17:00
【場所】 上智大学四谷キャンパス 2号館508教室
~プログラム~
> 司会:安達祐子(上智大学ロシア語学科教授)
> 14:00~14:10 原求作(上智大学ロシア語学科教授・学科長) 挨拶
> 14:15~15:00 芳地隆之(元ロシアNIS経済研究所次長) 講演
>         「ハルビン学院の25年」
> 15:15~16:00 ワシーリー・モロジャコフ(拓殖大学教授) 講演
>         「日本の満州政策と日露関係」
> 16:00~17:00 質疑応答

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください