「全国一斉休校」の余波=オリンピック不況はないかもしれませんよ

WST National Gallery Copyright par Duc de Matsuoqua

 新型コロナウイルスの影響で、中国人観光客が激減しています。

 東京の銀座は2月に入って、急に減りましたが、同じように築地も急減したようです。

 今日はたまたま、昼休みに、頼まれ事で築地にある有名な乾物屋さんに煮干しを買いに行きました。会計するときに、「観光客が減って大変でしょう」と声を掛けたら、「いや、ウチはもともと、中国人はそれほど来ないんですよ。それより、築地は中国人が多いということで、日本人が来なくなっちゃったんですよ」と教えてくれました。

 まさに、商売あがったり。それ以上に深刻なのは、この店では、近くの学校の給食用に食材として卸していることです。安倍首相が、専門家に相談することなく、経済的損失も思慮も入れずに独断専行で、全国の小中高校を3月2日から一斉に休校を決定したため、こんな所にまで波及していたんですね。知りませんでした。

 「居酒屋さんやホテルなどにも卸してますが、客足が遠のいて、ちょっと深刻なので、助成金のことで相談してみようかなと思ってます」と御主人は正直に応えてくれました。

歌舞伎座で休演告知

 資生堂やパナソニックなど大企業は、テレワークで回避できるかもしれませんが、対面販売の店舗は休むわけにはいきません。

 ラヂオを聴いていたら、「安倍さんは子どもを育てたことがないから、子を持つ親の苦労が分からないんですよ」と投稿するリスナーがいました。微妙な差別発言で、安倍首相には可哀そうですが、気持ちは分からないではありません。

 休みになった不良中学生なんか、ゲームセンターやカラオケに入り浸っているらしいじゃありませんか。私も中学生の頃、不良だったので、気持ちは分かります。ゲーセンやカラオケみたいなシャレたものはありませんでしたが、勉強しないでボウリング場やビリヤードに入り浸っておりました。

 既に国立の博物館・美術館や映画館や劇場や動物園、遊園地が休館、休園しましたが、私の地元の図書館でも15日(日)まで閉館になってしまいました。公民館で行われるイベントも中止、または延期です。

歌舞伎座で休演告知

 1964年の東京五輪開催後に証券不況があったように、2020年の東京五輪後も「オリンピック不況」が予想されましたが、これでは「五輪前不況」じゃありませんか!しかし、あまり悲観論ばかり言っても始まりません。2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が蔓延して各国の株が暴落しましたが、半年で、日経平均は回復しました。

 となると、今回は「東京五輪前不況」を散々経験したので、新型コロナが終息すれば、五輪後の「オリンピック不況」はないかもしれません(笑)。株価が回復すれば、年金支給額も減額しなくて済みますよ。

 たまには明るい話題を提供したくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください