新型コロナで大打撃の飲食業界、芸能界…クラウドファウンディングに挑戦する店も

WST National Gallery Copyright par Duc de Matsuoqua

 東京・銀座の歌舞伎座近くにある居酒屋Wは、昼は火木金だけランチをやっていて、私も週に1回は行く馴染みの店なのですが、昨日はそこの御主人が嘆いていました。「夜はほとんどお客さんが来ないのでどうしようかと思ってます」と。

 新型コロナの影響で、何処の飲食店も同じような状況だと思います。そこの御主人は30代後半といった感じで、最近、2番目のお子さんが生まれたばかり。昨年は、臨月の奥さんがギリギリまで給仕で働いておりました。「これから子どもに手がかかるので、どうやったらいいのか…」と頭を抱えていたので、私も「夜、お客さんが入らないんだったら、ランチを毎日やるしかないんじゃないですか。協力しますから、頑張ってください」と慰めておきました。

 このほか、観光サービス業界が一番の打撃を受けたことでしょうが、映画、演劇、音楽、芸能、スポーツ関係は軒並み大ダメージを受けています。高校時代の友人佐藤史朗君はプロのアコーディオン奏者で、舞台音楽の作曲など幅広い音楽活動を続けていましたが、ライブハウスでの活動の自粛で、4月の公演も延期せざるを得なくなったようです。

 そう言えば、このブログの技師長である松長氏から紹介された高校時代の後輩に当たる坂元さんが東京・湯島で経営している居酒屋「純酒肴 吟」という店が、お客さんの激減で存続が危ぶまれ、クラウドファウンディングを募集し始めました。例えば、1万円寄付すれば、2カ月間ドリンクが半額、3万円なら半年間は半額、…そして30万円なら3年間、ドリンク代は無料といったリターンがあります。資金は他に、給排水管工事費用にも充てる予定のようです。(私もわずかながら支援しました。他に「システム手数料」もかかります)

WST National Gallery Copyright par Duc de Matsuoqua

 あまり暗い話ばかりでは、読まれている方も面白くないでしょうから、くだらないジョークをー。

 我らが一国の首相安倍さんのマスク姿がダサい、と米通信社ブルームバーグの記者から嘲笑されています。「もはや、アベノミクスではなく、アベノマスクだ」という見出しで写真入りで報道してます。余計なお世話ですけどね。

 でも、安倍首相のガーゼマスクは確かに珍竹林で、みっともないですね。アベノマスクとはよく言ったもんです。

 あれっ? ジョークにならないぞ!

 それなら、もう一つ。

 最近、急に「三つの密」とか話題になっています。「密集」「密閉」「密接」の三つの密を避けてください、との自治体の長からの要請なんだそうです。

 しかし、そんなことと知らず、初めて「ミッツのミツ」と聞いたおじさん。それは、ミッツ・マングローブとやくみつると壇蜜のことかいな、と誤解したそうな。

 何?おもろうない? 失礼しました~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください