ものの判断は時によって移り変わる

WST National Gallery Copyright par Duc de Matsuoqua

昨年の今頃の に、この渓流斎ブログに書いた「村上春樹が初めて語る自身の父親」記事に対して、1年経った昨日になって、sohzohさんという方から以下のコメントを頂きました。

「安養寺」違いもそうですが、父親の名前も15ページに記載されています。正しい記載をお願いします。

 上のコメントは何を意味するのか、昨年の記事をリンクしていますので、そちらをご参照して頂くとしまして、正直、「何で今ごろになって?」という感慨に襲われました。でも、その理由はすぐ推測できました。先月4月末に村上春樹氏の「猫を棄てる」が単行本として発行され、ベストセラーの1位になっていることを新聞の書評欄で読んだからです。さすが「国民的作家」です。私のブログの「人気記事」の上位にも、この関連記事が急に多く読まれるようになりました。恐らく、検索して引っ掛かって、たまたま目にしたのでしょう。

 コメントして頂いたsohzohさんにしても、「父親の名前も15ページに記載されています」と書かれているように、単行本を読んで、そのページを書かれたのでしょう。なぜなら、月刊文藝春秋」に連載時は240~267ページに掲載されていたからです。何を言いたいのかと言いますと、雑誌連載を単行本化するに当たって、著者は、必ず、加筆修正するということです。私はまだ単行本の方を読んでいないので、断定できませんが、単行本化するに当たって、名前を入れた可能性があるかもしれないということです。(勿論、小生が見落としていた可能性の方が大きいでしょうが)

 そして、さらに、何を言いたいのかと言いますと、ブログは、その日の感情で書いているだけで、しばしば筆が走り過ぎて、友達をなくすこともあり(Oh! No)、年月が経てば、時代も価値観も変わるだろうし、自分自身の思想信条も変化するということです。

緊急事態宣言下の金曜日夜の東京・有楽町駅前

 何でこんなことを書いたかと言いますと、(そして、私のような無名の「無用の人間」の言動など何の頭の足しにならないと自覚した上で言いますと)、ある有名になった作家が、20年前に作家デビューする前に「若気の至り」で書いたことが、20年も経って非難され、ついに謝罪に追い込まれたという新聞記事を読んだからでした。

 デジタル記事は恐ろしいですね。活字は劣化しませんし、他人のミスは、自己の欲求不満の吐け口として拡散されます。この渓流斎ブログも、2005年に始めましたが、15年前に書いた記事を批判されても、…というか、ボロボロに叩かれても、「はあ?」と思うしかないし、もっと謙虚になれ、と言われれば、「そういう貴方は?お互いさまでしょ」と言いたくもなります。こんなことを書いては炎上しますね(苦笑)。勿論、明らかな間違いは、安倍首相のように躊躇なく速やかに訂正致しますが。

 でも、フェイスブックにしろ、ツイッターにしろ、SNSは、個人情報を収集して、選挙キャンペーンに利用したり、製品の売り込み手段に使ったりしている実態の新聞記事を読んだりすると、正直、嫌になりますね。Facebookなんぞやめたくなります。ある個人が、あるニュースを何分間かけて読んだか、とか、いやらしい画像や動画を何分見たかまで収集して、その人の趣味趣向、性癖を分析しているようです。監視社会丸出しですね。

さて、話は変わって、今読んでいる立花隆著「天皇と東大」(文春文庫)は、やっと第2巻「激突と右翼と左翼」に入りました。第1巻が幕末から明治、大正初期の話だとすると、第2巻は大正から昭和初期の話です。やはり、立花氏は凄いですね。この本を書くために生まれてきたんじゃないかと思えるぐらい、精魂を傾けています。

 第2巻のことを書く前に、第1巻で興味深かったことを追記しておきます。

・日本の大学の歴史を語る上で最も欠かせない人物である山川健次郎は、会津白虎隊の生き残りだった。日露戦争を煽った戸水寛人教授事件で明治38年に東京帝大総長を辞任すると、5年半は官職につかなかった。明治44年に九州帝国大学が設立されると、その総長になり、その2年後の大正2年(1913年)に東京帝大総長としてカムバック。さらに翌年には京都帝大総長を併任することとなり、一人で三帝大の総長を歴任するという空前絶後のキャリアを積む。その間に、京大沢柳事件、東大森戸事件などが起きる。

・大正8年、大学令の施行で、東京帝大は、それまでの法科大学、理科大学などの分科制から学部制となり、この年になって初めて経済学部が創設された。そのため、当初は、先行する慶應義塾や東京高商(一橋大学)にはとてもかなわなかった。官吏養成学校だった東大もこの頃からようやく民間企業に卒業生が入るようになった。…実は、明治10年にできた東大では、経済学は、当初は、文学部で教えられていた。明治12年に、文学部第1科が「哲学政治学及理財学科」となり、ここで初めて経済学の授業が行われた。文学部第2科は「和漢文学科」で、政治学や経済学は文学部の片隅に仮住まいしていたかのように見えるが、実態はその逆で、文学部の本流が政治学、経済学の側にあった。最初に経済学を教えたのは「日本美術の父」と言われる米人フェノロサだった。

・東大経済学部の蔵書は、関東大震災でほとんど焼失してしまったが、その中で、最も重要な蔵書である「アダム・スミス文庫」を外に持ち出して救ったのが、永峰という60歳ぐらいの名物小使いさんだった。この文庫は「経済学の父」アダム・スミスの蔵書で、国際連盟事務局の副総裁になって東大を休職していた新渡戸稲造がロンドンの古書店で買い付けて、東大に寄贈していたもので、これを受け取った高野岩三郎教授が「貴重本」として保管し、イザというとき最初に持ち出せと命じていたものだった。

・東大の森戸辰男助教授が、経済学部機関誌「経済学研究」に「クロポトキンの社会思想研究」を書いて森戸事件(1920年)を引き起こすに至ったそもそもの発端は、大逆事件(1910年)だった。当時、第一高等学校生だった森戸は、徳富蘆花による講演「謀叛論」を聴講して多大な影響を受ける。その要旨は「ものの判断というものは、時によって移り変わる。現在、例えば『逆徒』と呼ばれようとも、新しい時代になれば、別の判断が下されるということがあり得る。従って、幸徳秋水氏らの(大逆)事件についても、私たちは冷静に考えなければならない。思想は時代と深い関係がある。若い人々は常に新しいものを求めて、たえず『謀叛』しなければならない。…吉田松陰は、徳川幕府により逆賊として死刑に処せられたが、現代では神として祀られているではないか。そのように世の中は変わるものである。そして、それにつれて正義とか忠誠とかも、その基準とか内容が変わっていくものである」

ムフフ、今日初めに書いたことに戻りましたね。私が今日言いたいことを、全て徳富蘆花氏が代弁してくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください