水木さんの幸福論

東京・銀座のフルコース

「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんが、とうとう亡くなってしまいましたね。享年93。

水木しげるは、私たちの世代が一番影響を受けたのかもしれません。何しろ子供の頃は、「鬼太郎」は毎週、漫画誌に連載中の現役バリバリでしたし、「悪魔くん」なんかは、漫画ではなくて、実写版でテレビで放送され、「エロイムエッサイム~」(確か)なんていう呪文が学校ではやったものです。

さて、今、ネット上では、水木さんの「幸福の七か条」なるものが、改めて脚光を浴びているようです。

私はまだ読んでいませんが、「水木サンの幸福論」(角川文庫)の中にあるらしく、戦争体験など自分自身の経験から導き出された人生訓です。以下、引用しますとー。

(1)成功や栄誉や勝ち負けを目的にことを行ってはいけない
(2)しないではいられないことをし続けなさい
(3)他人との比較ではない、あくまで自分の楽しさを追及すべし
(4)好きの力を信じる
(5)才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ
(6)怠け者になりなさい
(7)目に見えない世界を信じる

なるほど、実に奥深い。水木さんの「戦争もの」は、全部読んでいないので、読んでみようかしら。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください