「味好堂」の瓦煎餅

Monouquenochara

うまいめんこい村の白羽へこ作村長です。

先日、渓流斎が、中山神社で厄払いを敢行した話をしたことを、賢明なる読者諸兄諸姉の皆々様方は、覚えていらっしゃることでしょう。

その帰りに、豪華なお土産、ではありませんね。何と言ったら宜しいのか分かりませんが、御神札や破魔矢などが入った「お返し」を頂いたことを書きました。この中には、焼き菓子なるものが入っていたことも併せて書きました。

この焼き菓子が、瓦煎餅で、見るからに、硬そうで、不味そう。2~3日放ったらかしておいて、昨日嫌々挑戦してみたら、これは驚き!美味いの何のって、見かけほど硬くなく、腰を抜かすほどの美味さでした!嘘じゃありません。

鎌倉の有名な鳩サブレーよりも美味しいぐらい。いや、はっきり書きましょう。鳩サブレーよりも美味い❗️

もっと食べたくて、注文しようかと思ったら、ネット販売は、何処もやっていないようですね。直接、買いに行くしかないようです。画像を見ると、小さな店で、細々と家内制手工業でやっている感じです。

埼玉県の春日部市にありますから、遠いし、交通費も掛かります。それでも、渓流斎、じゃなかった、うまいめんこい村の白羽村長を信じて試してみようかという方は、是非、春日部市に行ってみて下さい。決して後悔しないと思いますよ。

春日部市は、確か、「クレヨン信ちゃん」で、有名になった街でしたね。

お店の名前は「味好堂」です。ちなみに、私は、宣伝費は一切もらっていませんからねー(笑)

あまりにも美味しかったので、写真は、空袋しか残っていません。悪しからず(苦笑)。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください