馬橋稲荷神社とアイドルを探せ

 馬橋稲荷神社

 今年2016年の、「日本一のパワースポット」が東京・阿佐ヶ谷にあるというので、交通費1500円かけて、わざわざ出掛けて行ってみましたよ。

 馬橋稲荷神社です。

 何度も繰り返すようですが、今年は丙申(ひのえさる)年です。申は風水か何か分かりませんが(笑)、南西の方角です。全国の神社のほとんど全てが、鳥居は南の方角に建っておりますが、全国で2社だけ、南西方角に向いている神社があるそうです。その一つが、この馬橋稲荷神社です。

 「一の鳥居」を通って、このブログにアップした写真の「二の鳥居」には、このように立派な龍の彫刻が施されております。これも、全国の神社で珍しいらしく、本殿に向かって左の昇竜に触って願い事して、次の「隋神門」の天井に飾られている鈴に向かって、その願い事を唱えながら拍手して、反響が良ければ、叶うという言い伝えがあるそうです。

 私も早速やってみました。(とにかく、今は、縋れるものがあれば、何にでも縋りたい。必死ですからね=笑)

 何となく、安寧の気を得ることができました。

 この馬橋稲荷神社は、商店街から離れた閑静な住宅街のど真ん中にあり(本来は逆で、神社の周りに、宅地が浸食してきたということですね)、道がくねくねして、三斜路、四斜路が当たり前で、何処をどう曲がったのか、他人様に道を聞いて、辿り着いたので、もう二度と行けないかもしれません。(笑)

 ◇アイドルを探せ

 時代が不景気で、格差が広がると、ヒトは身近に「アイドル」を求めるものですね。

 女の子には、ジャニーズ系のタレントが毎年のように量産されて、選択肢が広がったり、何十年もファンとして忠誠心を誓ったりしています。

 男の子は、というより、中年のファンも多いでしょうが、今は「AKB48」なのでしょうか。私は、あまり興味がないせいか、AKBが秋葉原を意味することは分かっていても、「48」が何を指すのか分かりません(笑)。最近、このAKBから布教分派した姉妹グループの国内4番目として、新しく新潟に「NGT48」ができたことが話題になっていました。

 御本山は、秋葉原だけではありません。今や、聖地が東京・原宿に変わりつつあるらしいですね。竹下通りの入り口近くのビル内に「原宿駅前ステージ」をつくり、ファンと握手ができるほど目と鼻の先にアイドル「原宿駅前パーティーズ」が出演し、人気が高まっている、という記事を読みました。

 この「原宿駅前パーティーズ」は、中学生が中心でかわいい系の「ふわふわ」とモデル系の「原宿乙女」と恰好いい系の「原駅ステージA」とアクロバットが得意の「ピンクダイヤモンド」の四つのユニットでできているそうです。

 私が、何故、ご丁寧にも、こんなことをわざわざ、一生懸命に引用させて頂きながら書いたのは、そこに、「あっ」と驚く人の名前が書かれていたからです。

 この「原宿駅前パーティーズ」の仕掛け人のプロデューサーが、あの老舗芸能プロダクションのTさんだというのです。芸能界でTさんの名前を知らない人はいないし、一時、第一線から離れていた時期もあったようですが、見事復活したんですね。

 ただ、この記事を書いた若い記者は、Tさんのことをあまり知らないような書きぶりでしたが…。

“馬橋稲荷神社とアイドルを探せ” への1件の返信

  1. Unknown
    新年、寺社への参詣は良いお心がけです。ただ、”パワースポット”という、軽薄な言い方は良くないですね。最近の、あまり、頭の良くない人が、「〇〇でありがとう!!」というのと同じです。「貰うこと」や「してもらう」ことばかり考えているようで、こういうのは、昔の人は、「乞食根性丸出し」と言いました。先日、週刊誌を読んでいたら、美智子皇后と雅子妃殿下の、子育て、しつけなどの、考えの大きな違いは、小和田家は「出世の手段としての勉学」的発想で、皇室のそれは「見返りを求めない、他人への思いやり。無償の行い」と書いてありました。私もそのとおりだと思います。人への思いやりが、生まれない、余裕の無い、日本中であるのは間違いありませんね。

ご意見、ご感想をお聞かせください!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください