囲碁7冠とは何ぞや?

場面ごとのご挨拶  Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 毎日、糠に釘を刺すような作業をしているのかと思いましたら、今日はたくさんのコメントを頂き、誠に有難う御座いました。

 皆様からのコメントだけが、暗闇の中を差すお導きの光でもあります。客観的にもなれますし、嬉しい限りです。

 明日から、ついに待ちに待ったゴールデンウイークに突入します。もし、貴方がいい会社に入っておられれば、中日も休みを取って、1週間、いやいや、4月29日から5月8日まで10日間も休暇を取れるかもしれません。

 そうなると、懐に余裕がある方なら、海外旅行に行くでしょう。都知事さん並みにファーストクラスに乗って、1泊20万円ぐらいの超高級ホテルにでも泊まりますか。

 でも、あたしゃ、今年は自重します。遠出はせず、自宅謹慎ですかね(苦笑)。本を読むか、映画を観るか、美術館に行くかぐらいしか、思いつきませんが、普段の運動不足を補って、高名な経済評論家さんのように、ライザップでもしてみますかねえ。

 私は、昨年と比べて、10キロも太りましたからね。いえいえ、ご安心ください。昨年は10キロも痩せてしまったので、元に戻ったということだけです。(笑)

 遥かなる山脈のもとで  Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 さて、今日書きたいことは、プロ棋士の井山祐太さんが、26歳の若さで前人未到の囲碁の7冠を獲得したことです。

 最初にお断りしておきますが、囲碁は、私は全くの素人で、打ち方も何も分かりません。まあ、勝負事が嫌いなのか、人生を勝負しているから、他の勝負事をしないと決めたのか、自分でも分かりませんが、とにかく、囲碁も将棋も麻雀もパチンコも何もやらないつまらない人間です。ついでに、競輪、競馬も競艇も。
 
 それでも、史上初の7冠制覇のニュースには、ひどく感動しました。

 皆さん、ご存知のように、囲碁の7冠とは、名人、棋聖、本因坊、王座、天元、碁聖、十段の七つのタイトルを指します。

 実は、私は、そのタイトルそのものよりも、むしろ、バックにどこのマスコミが就いているのか、そちらの方が興味があります(笑)。

 調べてみたら、以下の通りでした。ついでに、賞金順で並べてみます。

 顔見せもサービス  Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 (1)「棋聖戦」( 読売新聞社)    1976年創設  優勝賞金  4500万円
 (2)「名人戦」( 朝日新聞社)    1976年          3700万円
 (3)「本因坊戦」(毎日新聞社)   1940年          3200万円
 (4)「王座戦」 (日本経済新聞社)  1952年          1400万円
 (5)「天元戦」 (ブロック紙3社連合)1975年         1300万円
 (6)「碁聖戦」 (新聞囲碁連盟)   1975年          800万円
 (7)「十段戦」 (産経新聞社)    1961年          700万円

 この中で、「ブロック紙3社」というのは、北海道新聞、中日新聞(東京新聞)、西日本新聞の3社のことで、この3社は部数も全国紙並みに多く、記事も交換したりして補完しています。

 「新聞囲碁連盟」というのは、河北新報、新潟日報、信濃毎日新聞、静岡新聞、北國新聞、京都新聞、山陽新聞、中国新聞、四国新聞、高知新聞、熊本日日新聞、南日本新聞、沖縄タイムスの13紙で、いずれも共同通信のニュース配信を受けている地方新聞です。ローカル紙とは言っても、「日本のドイツ」と呼ばれる長野県の信濃毎日新聞は47万部も発行されています。

 優勝賞金は、さすが「世界一の発行部数1000万部」を誇る(今は800万部も切るという説も)読売の棋聖戦が4500万円ですか。産経さんの十段戦の700万円は、部数に比例するのでしょうか。

 新聞社が、囲碁の棋士戦を主催するのは、勿論、新聞拡販のためです。新聞に初めて棋譜が掲載されたのは明治11年の郵便報知新聞だと言われてます。郵便報知は、その後、報知新聞となり、戦後は、今の読売新聞が吸収。本社は有楽町駅前の「ビックカメラ」(前そごう百貨店)にありました。だから、ビックカメラの階上に「読売会館」が大家さんの印としてあるわけです。

 これで整理して少しはスッキリしましたが、井山さんのことは何も書いていません(笑)。

 これでも、坂田栄男さんとか、林海峰さん、藤沢秀行さん、趙治勲さんは知っていますが、古過ぎますか?(笑)

 最近は、張栩(36)、山下敬吾(37)、高尾紳路(39)、羽根直樹(39)の各氏を「四天王」と呼んでいたらしいですね。

 井山さんは、その四天王を破っての7冠達成ですから、偉業ですね。報道によりますと、井山さんのスタイルは「過激」なんだそうです。まあ、囲碁は陣地分捕り合戦みたいなもんですから、相当、凄い碁を打つことでしょう。

 それにしても、7冠獲るのは大変ですが、それを保持するのも、想像を超える並々ならぬ体力と精神力がいることでしょう。7冠の賞金総額1億5000万円は、安いぐらいです。

 井山さんが、30代の四天王を破ったということは、20代の同世代に敵なしで、これから先、孤独のレースが続くかもしれません。

 先ほど、週刊誌を読んでいたら、「井山さんが7冠を獲得できたのは、離婚したおかげ」なんて書いてありました。さすが、新潮さん、そのえげつなさには、思わず引き込まれて読んでしまいましたよ(笑)。 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください