天変地異の証なのか?

蜻蛉大群

昨晩6時ごろのことですが、自宅近くの大空に蜻蛉の大群が無数、南東から北西に向かって飛んでいきました。

異様な光景を目の当たりにしました。

証拠として、iPhoneカメラを使って撮影しておきましたが、あまりにも小さくて、この写真でお分かりなれるかどうか…。

何か、天変地異でもあるんでしょうか?

第一、上空20メートル以上の高さです。こんな高く蜻蛉さんは飛ぶのでしょうか。その数は、ざっと数十万。ゲルマン民族の大移動は、30分以上も続きました。

これは、日本のローカルに起きた取るに足らない出来事なので、ニュースにもならず、注目する人もそれほどいません。

蜻蛉さんは、何の目的で、何故あれ程の大群を率いて、何処に行こうとしたのか?

今もって不思議。

“天変地異の証なのか?” への1件の返信

  1. 迷えるトンボ
     今朝団地のベランダの手すりに、一匹の黒いトンボ。あれ?と見つめると、スッスッと隣に飛んで去って行きました。この時期のトンボははじめてです。
     
     数年前、赤とんぼが団地上空、それこそ20メートルの高さを群れ飛ぶのを見たことがありましたが。
     
     昨日、渓流齋先生を脅かしたトンボが、けさウチまで飛んできて、そのうち迷える一匹の羊ならぬ一匹のトンボが、わがベランダに休んでいたのでしょう。
     
     ふと渓流齋日乗に寄ったらトンボの記事。こっちの方がびっくりしました。

     
     天候を見ながら梅干し作りにはげむ農事通信員でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください