「読史備要」余波

故宮出口 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 昨日の「読史備要」の写真が分かりにくかったですので、ちゃんとした写真に差し替えておきました。

 どうですか? このきめ細やかな心遣い(笑)。

 あの評判の吉川弘文館の「日本史必携」「近代史必携」、そして、これさえ読まなければ、今頃はもっとましな人生を送っていただろう、というぐらい私の人生で大変な影響を受けたハンター・デービス著「ザ・ビートルズ」(掃いて捨てるほど出版されているビートルズ本の中でも彼らの現役時代に書かれた伝記本の白眉の原書版。勿論、中学3年の私は、日本語版で読みましたが)を並べてみました。

 「読史備要」は、昭和41年6月15日の第2刷で、定価4800円です。

 昨日は、私はこの稀覯本を、わずか、たったの1456円で手に入れたことを暴露しました。

 昭和41年の4800円は、今の兵隊さんに換算すると、どれくらいになるか(山下清画伯)、私も調べてみましたよ。何と、昭和41年のラーメンは80円でした。今、ラーメンはへたすると、800円ぐらいしますよね?

 となると、物価は当時の10倍だとすると、4800円ちゅうことは、今の価格では4万8000円もすることになります。

 それが。1456円!(しつこいですね)いい買い物をしました。

昭陵入口 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

この「読史備要」の購入を勧めて下さった京都にお住まいの京洛先生は「愚生も貴人と同じ改訂版を昭和41年に入手しましたが、当時5000円近くしましたね。その後、さらに改訂版が出て、その新改訂版を買おうと思っていましたが、そのままになっています。
 近世以前の歴史事象を検索、検証するには、これで十分だと思います。例えば歌舞伎役者の系図は、尾上菊五郎の場合、昭和24年に亡くなった六代目までしか掲載されておりませんが、その跡は今の新しい辞典や事典で見たらよいのです。
 有名寺院の歴代管長さんも、建仁寺は竹田黙雷さんまでです。東京別院で座禅をされた貴人もよくご存知の『相国寺』の現管長さん(有馬頼底老師)は勿論出ていません(大笑)」。

 と、ここまで書いて、今日は特にこれ以外、書きたくなくなりました。
今晩は、昨年小生が常世国に参った際に、個人的に大変お世話になった人への生命を懸けた接遇が待っていますので、緊張しています。

 その方は、私と正反対の思想信条をお持ちらしいので、「このボケ、カスの非国民の売国奴があ」と、いつも渓流斎ブログに腹を立てているそうです。

 実は、それほど、あたしには、確乎とした政治信条なんてありませんけどねえ…(笑)。

 単に、政治屋だろうが、芸能人だろうが、大企業の社長だろうが、とにかく、「威張っている奴」が大嫌いという政治信条を持っているだけなんで、それ以外は、なるべく大目に見ているつもりなんですけどね。

 あ、あと、大嫌いなものは、何の苦労も、努力もせずに、ただ、親の七光りでふんぞり返っている奴ですかね。

 アハハハ、結局、キリがないので、この辺でやめておきます(笑)。

色々な門が Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

 おまけでんがな

 ◆過去1週間の閲覧数・訪問者数とランキング(日別)

日付        閲覧数  訪問者数  ランキング
2016.07.01(金) 239PV  119IP   7546 位 / 254万2253ブログ
2016.06.30(木) 279PV  103IP   8846 位 / 254万1376ブログ
2016.06.29(水) 178PV  99IP   9766 位 / 254万0422ブログ
2016.06.28(火) 207PV  88IP  1万1058 位 / 253万9473ブログ
2016.06.27(月) 322PV  125IP   6786 位 / 253万8525ブログ
2016.06.26(日) 255PV  103IP   7912 位 / 253万7659ブログ
2016.06.25(土) 216PV  99IP   8109 位 / 253万6753ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください