天声人語に告ぐ!

ミラノ風カツレツ

大学入学試験問題採用最多を誇り、練習帳なるものまで販売している天下の朝日新聞の今朝のコラム「天声人語」で、昨日私が書いた同じようなボブ・ディランのノーベル文学賞の話を書いており、驚いてしまいました。

小生のような知的レベルの低い輩が考える同じようなことを、800万人もの読者を誇る大新聞が書いては駄目ですよぉ(笑)。サルトルを引用しているところまでソックリですから。ただ、杉村春子が文化勲章を辞退したことまで美談風に味付けして書いておりましたが、あれは間違いでしょうね。

文化勲章とは、まさしく栄誉そのもので、年金とは関係なく、ただ、公表されていないので分かりませんが、数千円ぐらいの勲章バッヂと紙の表彰状がもらえるだけですから。

ただし、文化勲章は、文化功労者の中から選ばれます。これが凄い。文化功労者の年金は、350万円なんですから。復習しますと、一番有名な人間国宝(重要無形文化財保持者)でさえ200万円、芸術院会員ですら250万円です。

だから、文化功労者杉村春子は350万円の年金をもらっていたので、文化勲章を辞退しても何でもないのです。ただし、ここでは彼女の栄誉を貶める意図は全くなく、天声人語子の引用の仕方を問いたかっただけです。

はっきり言って、最近の天声人語は風格もなく、知性も感じられず、知的水準が劣化したと言わざるを得ません。読んでいても薄っぺらい白湯を飲まされている感じで、あんなんで「練習帳」を販売するとは恥ずかしいのでは?

ネットで検索すればすぐに出てくるような戯言を書くこと自体がおかしいのです。

天下の「天声人語」なら、もっと、何処のメディアが取り上げないような、例えば、選挙で選ばれてもいないのに国勢の本筋を決めている審議会委員の実態とか、御用学者風情の猟官運動とか、ズバズバと摘出してほしいものです。

無理な注文なのかな?

しかし、毎日購読料を払っている人間としては、「木戸銭返せ」と暴言を吐きたくなりますよ。

“天声人語に告ぐ!” への1件の返信

  1. Unknown
     「天声人語に告ぐ!」と、渓流齋さんは、まだ、天声人語子に大期待しておられるようですが、今の天声人語子、に対して、買いかぶりし過ぎじゃないですか( ´艸`)。単なる「偏差値」が高くて、朝日に入社しただけの”年配記者”が書いているだけで、とても、風格、批判精神なんてものはありません( ´艸`)。渓流齋さんは無いものねだりしているのです( ´艸`)。
     「御用学者をズバズバ摘出してほしい」というのも見当はずれです( ´艸`)。
     全く、批判精神ゼロ、霞が関官僚のいう事をいかに「正確」に表現、書くかしか頭にありません。クレームが怖いのです。
     在京紙の一面の朝刊コラムは、風呂の湯船で屁を放った程度の”問題提起”です( ´艸`)。
     今朝の読売、産経の一面コラムも「東京五輪」ネタを扱っていましたが、どういうわけか、両紙とも、田中英光の「オリンポスの果実」でした( ´艸`)。奇想天外、多様なネタが思い浮かばないのです。それこそ「新聞代返せ!」です( ´艸)。
     最近、新聞、テレビのニュース原稿で、何も疑問も持たず「懸念される」を乱発しているのと大差ありません。語彙がなく、豊かな発想力がもはやないのです。プロの物書きが気の利いた言葉や智慧が浮かばないのは末期症状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください