ルペン党首がフランス大統領に

幸手権現堂桜祭り

ウマズイめん食い村の赤羽彦作村長さんが、村民2号に引きつれられて、遠路はるばる埼玉県の幸手権現堂桜祭りにお出掛けになられた、ということで、写真を送って下さいましたので、アップさせて頂きます。

これらの写真をお使いになりたい方は、赤羽彦作村長に了解を取って下され。

幸手権現堂桜祭り

扨て、気になるのは、今月23日のフランス大統領選挙です。

あまり頼りにならない(笑)マスコミの事前予想によると、極右政党国民戦線党首のマリーヌ・ルペン党首(48)と、超党派の市民運動「前進」代表エマニュエル・マクロン前経済相(39)との一騎打ちとなりそうです。

恐らく、お二人とも、第1回投票では過半数を獲得できないので、5月の決戦投票に持ち込まれるのではないかというのが大方の見方です。

ルペンさんは、今や世界中で、知らない人は誰もいない有名人です。

もしかしたら、大塚家具の創業者の父親と跡目争いを演じて打ち勝った娘さんより有名かもしれません。

幸手権現堂桜祭り

マクロンさんの場合、まだ、30代という異様な若さが目を引きますが、それ以上に地元メデイアから一身に注目を浴びているのが、彼より24歳も年上の妻ブリジットさん(63)で週刊誌などがこぞって取り上げ、話題となっています。

ブリジットさんは、何と、マクロンさんの高校の先生だったそうですね。

昔、アラン・ドロン主演の「高校教師」という映画がありましたが(古い!)、まさに映画のようなことが実際に起きるんですね(映画の筋とは全く違って、マクロン夫婦は仲睦まじく、10年以上結婚生活を続けているようですが)

幸手権現堂桜祭り

そこで、私の勝手な予想ですが、ルペン党首が結局、フランスの大統領になると思ってます。

ルペン党首は、国粋主義者で、反イスラム、反EU、そしてトランプ米大統領と同じように親ロシアでプーチンさんが大好きです。

何故、ルペン勝利を予想できるかと言いますと、現職のオランド大統領と左派社会党の支持率がガタ落ちで、社会党から離れた有権者が、こぞって国民戦線に乗り換えているからです。

国民は、左翼が政権を握ろうと、右翼が政権を握ろうと、王制が復古しようと、ナポレオンが皇帝を宣言しようと、自分の生活が全てですからね。

国粋主義という言葉も、保護主義というマイルドな言葉に変革され、今では、アレルギーを持つ人も少なくなりました。

以前、かのアラン・ドロンさんが、マリーヌのお父さん率いる国民戦線への支持を表明して、総スカンどころか、大反発を産みましたが、今では、もうそんな事態はなくなったようです。

もう「まさか」じゃないんです。

私は、もう投票前から、ルペン大統領誕生を確信してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

《溪流斎日乗》 depuis 2005 をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む