今や北欧は時計のメッカ?

 しばらく、行っていなかった東京・銀座の並木通りに久しぶり行ったら、すっかり様変わりしていて驚いてしまいました。高級腕時計店街になっていたのです。

 明治に大阪朝日新聞が東京に進出して初めて銀座・並木通りに社屋を建て、今や東京朝日ビルになっているところの1階にはスイスの高級腕時計「ロレックス」が店を構えていますが、これに影響されたのか、どんどん、この近辺に高級腕時計店が進出していたのです。「オメガ」「ゼニス」「タグ・ホイヤー」、それに「IWCシャフハウゼン」(ここは以前、風月堂の喫茶店だったのに…)…等々です。

 意外と知られていませんが、銀座は「時計の街」でもあります。

銀座・並木通り

 何と言っても、銀座4丁目のセイコー「服部時計店」ビルは、銀座というか、東京の象徴になっています。

  高級腕時計に関して、名前を知っているだけで、私はそれほど、詳しくないのですが、「オーデマ・ピゲ」「ブレゲ」「ブライトリング」「ピアジェ」「ロンジン」、それに「ウブロ」(以前は並木通りにありましたが、銀座通りに栄転)…何でもあります。犬も歩けば棒に当たるほどあります(笑)。恐らく、世界の高級腕時計ブランドで銀座に進出していないものはないと思われます。

 この中で、最高峰は「パテック・フィリップ」でしょう。銀座には専門店がないようですが、5丁目の「アワーグラス」や7丁目の「日新堂」で販売されています。私にはウインドーショッピングしかできませんが、安くても400万円ぐらい。2000万円、3000万円の時計は当たり前といった感じです。時計1個で、マンションが買えるんでなえかえ!?(と、思わず北海道弁)

 パテック・フィリップといえば、あの文豪トルストイがこよなく愛した時計だったらしいですね。19世紀末当時も、換算すれば、2000万円ぐらいしたんでしょう、きっと。

◇腕時計、忘れた!

 何で本日、腕時計の話をしたのかといいますと、今朝、腕時計をはめて会社に行くのを忘れてしまったからでした。途中で気が付きましたが、最近、認知症が入って来たのかなあ…?

 腕時計を忘れた話を会社の同僚のO君に話すと、彼は凄いデザインが良い、薄くて格好良い腕時計を嵌めているではありませんか。

 「デンマーク製のベーリングって言うんですよ。去年、駅ビルの時計店で見て、あまりにも格好良いんで、衝動買いしちゃいました」

 ブルーを基調としたシンプルなデザインで、チタン製とかで結構軽量。しかもソーラー時計ということで、電池いらずだというのです。

 「えっ?凄いねえ。それ幾らしたの?」

 「3万いくらでしたね…」(調べたら3万6300円でした)

 「えっー?そんな安いのお?僕のは、高級腕時計グランドセイコーだから25万円ぐらいしたんだよ」と私。(単なる自慢話です=笑)

銀座・並木通り

 「それがですね、今、結構、北欧時計が静かなブームらしいんですよ。何と言ってもデザインが斬新。そりゃあ、スイスの高級腕時計と比べれば性能は落ちるでしょうけど、何と言っても値段が手頃なんですよ。3万円前後で買えるんですから。僕なんかこれで十分」

 ということで、調べてみたら、「ノードグリーン」(デンマーク)が2万円前後、「ヴェアホイ」(デンマーク)が2万~3万円、「ダニエルウエリントン」(スウェーデン)が2万円前後、「アルネヤコブセン」(デンマーク)が3万~4万円、「クヌート・ガット」(スウェーデン)が2万~3万円と、舶来品なのに恐ろしいほど廉価な時計があるのです。参照:「北欧おすすめ腕時計」

 北欧には、このほか「ライネ」(フィンランド)、「ヴァンドーレン」(ノルウェー)=5万円ぐらいから=などもあるようですが、北欧、特にデンマークにこんなに沢山の時計メーカーが勃興していたとは全く知りませんでした。恐らく、誰か、時計産業奨励の「仕掛け人」がいたんでしょうね。

 北欧といえば、家具が有名で、その斬新なデザインは日本でも通の人に好まれています。ということは、案外、北欧時計も日本でヒットするかもしれません。

 あ、勿論、この記事は広告ではありませんから、宣伝費はもらっていませんよ(笑)。どうせ、今の若い人たちは、スマホを時計代わりにしているから、今の御時世、腕時計はそれほど売れないことでしょう。

 私自身、これまで見たことも聞いたこともなかった北欧腕時計、頑張れ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください