佐川君からの手紙

美味しそう

今日7月5日付で、国税庁長官に就任した佐川である。

下郎ども、頭が高い!

民進党の阿保やチョウニチ新聞どもが、「論功行賞」だの「森友学園の機密文書を破棄したと嘘をついて騙くらかした」だの、「自民党に忠義を尽くして安倍政権を崩壊から救った」だのと、散々、根も葉もない御託を並べておるが、いい加減にしろ! だ。

大宮公園

渓流斎とやらをはじめ、反政府的言動を振る舞う生意気な臣民どもの年金通帳も、納税書も、強制執行してからすぐさま破棄してやるからそう思え!

これでも俺は、破棄することは得意なんだ。

それに、何で国家に忠誠を尽くさない輩に安全保障してやんなきゃならんのだ。

あ、これでも俺、東大出てるんだあ。

福島県のいわき市から上京してきたわけだから、いわゆる一つの田舎の秀才ってとこかな?ま、天才棋士藤井さんには負けるけどね。

えっ?何で、反政府主義者をお前呼ばわりして、中学生に「さん」付けするのかって? そりゃそうでしょう。有象無象の低脳な大衆と比べ、藤井さんの納税額は半端じゃないからな。

藤井様と言っていいくらいだよ。一緒にしないでくれ!

インドフェスティバル

これからは、俺様の流儀で、日本国家の台所とも言うべき国庫を仕切る!

ガサ入れ、手入れ、監視強化、盗聴と手段は選ばない。

脱税どころか、事前に考えて居酒屋で談義していたら、すぐさま共謀罪でしょっ引く。

俺たちは、政治家をうまく踊らさせて、陰で糸を引いてたわけさ。

官僚の全ての人事を仕切る最高責任者の荻生田内閣人事局長からもお墨付きを頂いた。

何か文句でもあるのか!?

【追記】どうやら、フェイクニュースで、財務省理財局長から国税庁長官に立身出世された本物の佐川宣寿氏を騙ったものと推測されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

《溪流斎日乗》 depuis 2005 をもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む