ウイークリーマンション・オーナーの転落と再起

中国・大連駅周辺 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

先週のある晩、独りで場末の無産者階級の行く一膳飯屋で、鯖味噌定食とお銚子一本で晩酌しながら、店で付けっ放しになっているテレビを見るとはなしに見ていました。

その番組は、週刊誌の「あの人は今」見たいな企画番組で、かつてのバブル期にウィークリーマンションのオーナーとして飛ぶ鳥を落とす勢いだったツカサマンションの川又三智彦元社長(69)の「その後」をやっていました。

川又さんは社長としてテレビコマーシャルにも出演していたので、私も知っておりました。彼は一時期は、東京・渋谷の超高級住宅街として知られる松濤に大豪邸を建てて、総資産1000億円と言われた不動産王でした。

それが、今や、自宅も手放し、家族も離散し、ホームレスのように狭いネットカフェに寝泊まりし、東京駅の駅前の一等地にスペースが3畳間ほどの、パソコンの机と椅子を置いたら、ギリギリの事務所を借りて、再起を図っていました。

 中国・大連駅周辺 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

ただ、唯一、救われたのは、そんな転落してしまった人生なのに、少しも明るさを忘れず、前向きで、コンビニで買ってきたモズクをネットカフェの狭い空間で啜りながら、絶えず笑顔と笑い声で過ごしていたことでした。

バブル期は、銀行から「お金を借りて下さい」「借りて下さい」と何十億円も何百億円も貸してくれたそうです。ウィークリーマンションは、ピーク時には40拠点、3600室もありましたが、バブル崩壊で倒産。幸い、米リーマン・ブラザースの傘下に入って再建することができましたが、結局、2008年のリーマン・ショックで、川又氏自身も870億円もの債務を背負って自己破産したそうです。

現在、毎月の年金14万円だけで、生活しているそうです。

いやあ、普通の人だったら、自殺するか、耐えきれず、失踪してしまうかどちらかなのに、笑顔が絶えない彼の姿を見て、尊崇の念すら湧いてきてしまいました。

 中国・大連駅周辺 Copyright Par Duc Matsuocha gouverneur

彼は今、再起を図って、福島県の磐越西線猪苗代駅近くにデイケアセンターを建設しようと、頑張っている姿で番組は終わりました。

彼のバイタリティーは何処から来るのか不思議だったので、家に帰って調べたところ、テレビでやっていた番組ほど生易しい状態ではなかったことが分かりました。ストレスからか、2度も脳梗塞に襲われて、介護の必要性を痛感したそうです。だから、介護施設をつくろうと頑張っていたんですね。

バブル絶頂期は総資産1000億円と言われてましたが、「社長としての給料は1000万円もいかなかった」と、日刊ゲンダイの昨年のインタビューに応えています。このインタビューでは、自宅は松濤ではなく、目黒区の祐天寺と書いてあったので、平仄が合わないと思いましたが、現在はホームレス状態というのは変わらないようでした。

テレビに出てきた川又元社長は、小綺麗な格好をしていたので、ネットカフェ生活で、洗濯はどうしているのか、冬物服は何処にあるのか、レーシック手術で眼鏡なしの生活になった、と語っていましたが、自己破産したのに、手術代はどうしたのだろうか?と様々な疑問も浮かびました。

これまた、調べてみると、債権者も倒産して、870億円もの債務もほぼなくなり、数冊本を出しているので、印税収入があったからかもしれないと推察しています。

いずれにせよ、こんな波乱万丈な人生を生き抜く川又さんのバイタリティーには本当に感服してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。