「出版と権力」との関係をもっと知るべき

 魚住昭著「出版と権力 講談社と野間家の110年」(講談社、3850円)をやっと読了しました。読後感は爽快とまではいきませんでしたが、日本を代表する日本一の出版社を通して、誰も知らなかった日本の近現代の裏面史が描かれていました。

 講談社の内部に詳しい事情通から聞いた話によりますと、このような社外秘の文章を、わざわざ部外者の作家に見せて、ノンフィクションを書いてもらったのは、段々、講談社の社内も世代が変わって、昔の事情を知らなくなった若い人が増えてきたため、是非とも若い社員には、創業当時からの講談社の裏事情まで知ってもらいたいという上層幹部の信念によるものだったそうです。

 確かに、どこの大手企業にもある「社史」など、つまらなくて社員でさえ誰も読みませんからね(苦笑)。

 この本が少し勿体ぶったような書き方をするのはそのせいだったのかあ、と意地悪な言い方ですが、納得しました。

銀座「アナム」Bランチカレー980円

 渓流斎ブログでこの本を取り上げるのはこれが3回目なので、今回は後半のことに絞って書きます。後半の主人公は何と言っても、「中興の祖」と言われた四代目社長の野間省一です。この人は、もともと野間家の人間ではなく、夭折した二代目社長恒(ひさし=野間清治・左衛夫妻の息子)の妻だった登喜子(皇族出身)の婿養子として野間家に入った人でした。旧姓高木省一。子どもの頃から神童とうたわれ、旧制静岡高校から東京帝大法学部に入り、卒業後は、大蔵省か内務省に入省してもおかしくなかったのに、南満州鉄道に入社します。省一が、満鉄に入社したのは、後に「新幹線の父」と呼ばれた十河信二の影響が大きかったからだといわれます。省一が旧制静高から帝大に入学する際に、援助を受けたのが静岡を代表する物流会社「鈴与」でしたが、その六代目社長鈴木与平と鉄道省官僚の十河と親しく、その縁で省一は十河と面識があったからだといいます。

 省一の満鉄時代の活躍(哈爾浜鉄道局総務課資料係長秋山炭六らとのソ連情報分析)はスパイ映画にでもなりそうな話ですが、その辺りは長くなるので、本書を読んでください(笑)。

 とにかく、省一は野間家に入り、社長になりますが、戦中に軍部と協力した「戦犯容疑」から戦後、会社から一時追放されます。が、組合の反対を押し切って、社長に返り咲き、創業者の「忠君愛国思想」路線から脱皮して、文芸から美術全集や科学書の「ブルーバックス」に至るまで、総合出版社に育て上げます。

 講談社は、多くの関連会社を持ち、それらは、本社がある地名から「音羽グループ」と呼ばれています。その一つに光文社(カッパ・ブックスや「女性自身」「フラッシュ」などを発行)がありますが、同社は戦時中に陸軍と共同で雑誌「征旗」などを出版していた日本報道社が起源だったとはこの本で知りました。

 もう一つ、キングレコードがあります。戦前、100万部もの大発行部数を誇った大衆誌「キング」から命名されたものでしょうが、この「キング」も戦時中は、敵性用語だから不謹慎だと、当局ではなく、大衆読者からの抗議によって、雑誌名を「富士」と改名を余儀なくされます。加藤陽子著「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」(新潮社)みたいな話ですね。

 雑誌「キング」が「富士」に改名しますから、キングレコードも「富士音盤」と改名します。この西宮工場を、さらに「富士航空」と改名して、レコードではなく、航空機部品を生産していたといいます。まさに、出版の世界だけでなく、軍需産業として講談社は戦争に協力していたことが分かります。

北西酒造「村上大介」

 この本は3850円と高めですから、残念ながら、よほどの通か、粋な人しか買わないことでしょう。今は長い「出版不況」のトンネルの中にいますからね。同書によると、雑誌の売り上げがピークだったのは1997年で、実倍額が全国で1兆5644億円でしたが、2018年は5930億円。22年間で売り上げが3分の1近く落ち込んだことになります。(書籍は、雑誌ほど落ち込みが酷くはないものの、1996年の1兆0931億円がピークで、2018年は6991億円にダウン)

 これでは、日販、トーハンといった大手取次会社が赤字を出したり、街の本屋さんが次々と消えてなくなっていくはずです(アマゾンの影響が大きい)。

 でも、通や粋な人だけではなく、本書を読んで色々知ってもらいたいことが沢山あります。戦後の占領軍GHQによる検閲は苛烈で、まさに酷いものでしたが、戦時中の軍部による検閲と顧問団名目の大目付派遣と、顧問料名義の賄賂、たかりの酷かったことです。これでは、米軍を非難すらできなくなります。前回、その陸軍の鈴木庫三中佐の戦後の変わり身の早さのことを書きましたが、日本人だけを、特別に、殊更賛美する人にはこの本を読んでもらいたいと思いました。

“「出版と権力」との関係をもっと知るべき” への4件の返信

  1. 髙田信之進さま

    はじめまして。神戸市外国語大学のLisa Matsumotoと申します。
    私も魚住さんの『出版と権力 講談社と野間家の110年』読みました。野間清治さんの朝ドラ並みの波乱万丈な人生を読みながら、出版社の歴史をも俯瞰できるまさに「おもしろくてためになる」一冊でした。

    また、講談社の隆盛だけでなく、過去の暗部も書きのこすことを許したというか、開示した点に「みずからが背負った業を抱えて生きる」講談社の落語的精神を垣間見たような気がします。

    そこで、髙田信之進さんのブログ記事の中で一点、興味深いなと感じた点があります。記事の中で、

    “講談社の内部に詳しい事情通から聞いた話によりますと、このような社外秘の文章を、わざわざ部外者の作家に見せて、ノンフィクションを書いてもらったのは、段々、講談社の社内も世代が変わって、昔の事情を知らなくなった若い人が増えてきたため、是非とも若い社員には、創業当時からの講談社の裏事情まで知ってもらいたいという上層幹部の信念によるものだったそうです。”

    とありますが、もう少し詳しく教えていただけますでしょうか。
    というのも最近、講談社は海外向けに自社のコンセプトムービーを出していたり、ブランディングに力を入れていたりするのでそういったことと何か関係があるのでしょうか。。。?

    1. Lisa Matsumotoさま
      御丁寧にお読みくださいまして、誠に有難う御座います。
      御下問の件ですが、今、手元に件(くだん)の魚住氏の本がないため、正確に答えられないかもしれませんが、それは、魚住氏の「あとがき」に書かれていたことでしたか?
      もし、小生のブログの中だけに書いてあることでしたら、その「講談社の社内も世代が変わって、昔の事情を知らなくなった若い人が増えてきた…」というのは、私の友人から聞いた本当の話です。
      私の友人は、講談社の週刊誌の編集長を務め、今取締役になっているA氏とは学生時代の友人のため、そのA氏から社内事情を聞いたということです。つまり、又聞きです。
      この人の固有名詞は書けませんが、大学は早稲田大学で、週刊現代の編集長を務めた方です。
      もし、貴方が、大学の研究か何かで正確な情報が御必要でしたら、直接、講談社に広報を通じて取材されたら一番早いのではないかと存じます。
      これ以上、応えられず、恐縮です。
      恐惶謹言

      1. 髙田信之進さま

        ご返信いただきありがとうございます。質問については、本ではなく、髙田さまのブログの中だけに書いてあったことです。

        講談社の社内の話については外部からは分からないことも多いので、興味深く感じ、質問させていただきました。
        私の突然のコメントにも関わらず、丁寧に教えていただきありがとうございます。

        そして実際にお話しなど伺ってみたいと思います。
        お時間いただきましてありがとうございました。

        1. Lisa様
          いえいえ、「世界最小の双方向性メディア」と称してますから大丈夫です。他にももし興味深い記事がありましたら、宜しくお願い申し上げます。
          渓流斎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。