こんにちは

ここは何処?私は誰?

何処の誰かは知らないけれど、誰もが皆知っている、不思議な人、渓流斎さんは何処に行ってしまったのでしょうか?

もしかしたら、待望論から、渓流斎の名を騙って、このブログを始めたのかも知れません。

その噂の真相は如何に?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください