クオリーメン 復活…

公開日時: 2005年4月13日

ビートルズの前身のクオリーメンなるバンドが「歴史として」存在することはわかっていましたが、まさか現在でも存在しているとは思いもよりませんでした。
クオリーメンは、ジョン・レノンが1956年、当時通っていたリバプールの高校の名前を取って学友たちと結成したスキッフル・バンドです。まさにビートルズの歴史が始まった最初のバンドなのです。

翌年の57年、セント・ピーターズ教会のパーティーでの演奏会で、ジョンとポール・マッカートニーが初めて出会います。この時、ポールはエディ・コクランの「トゥエンティ・フライト・ロック」を歌って聴かせ、ジョンが思わずポールを「スカウト」したことはあまりにも有名な話ですが、当時のメンバーの一人は「そんなことはなかった」と否定しているので、真実はわかりません。

正直言いますと、今までこの曲を聴いたことがなかったのですが、嬉しいことに、昨年、彼らがリリースしたCD「SONGS WE REMEMBER」(BMGファンハウス)で初めて聴くことができました。40年以上の歳月を経て、彼らはひょっこりと「再結成」していたのでした。もちろん、この40年の間、皆、音楽活動から離れ、中には家具職人になったり、名門ケンブリッジ大学を出て旅行業界で働いていたりした人もいたらしいのです。

40年以上の空白があるし、趣味や遊びの領域を出ないだろうと全く期待せずに聴いたのですが、正直その演奏とボーカルのうまさに驚いてしまいました。改めて彼らのレベルの高さに感服してしまいました。

ビートルズの最後のアルバム「レット・イット・ビー」の中に「マギー・メイ」という曲がありますが、このCDにも収録されており、クオリーメン時代のレパートリーだったことが分かりました。ロックンロールの初期の音楽形態とも言われるスキッフルがどういうものかこのCDを通して分かりますよ。(了)

追記…今年になってメンバーの一人が急死しましたので、最初で最期の再結成で終わってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください