占い

時事通信社が発行する国際情報誌「世界週報」に昨年11月からユニークな企画が連載されています。題して「ドクター観幾の占い学入門」。

え、占い?

そう、占いです。これが大変奥が深くて滅法面白い。いずれ単行本になるでしょうが、非常に知的好奇心を満足させてくれます。占いではよく「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言います。この八卦が何を意味するかと言うと、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください