トレッキングに初挑戦

北海道芽室町にある「T牧場」は、知る人ぞ知る国内有数の牧場で、敷地100ha、馬の数100頭。雄大な自然環境に恵まれて、馬たちはほぼ放し飼いの状態でした。

そこで、私は無謀にも生まれて初めてトレッキングに挑戦しました。値段は2時間以上6000円という安さ。ほかの牧場なら、人間の手で曳かれた平地の牧場の中、1周400mくらい、わずか5分程度で2000円も3000円も取る。東京近郊なら1時間で数万円取られるから、相場と比べてあまりにも安さにその道に詳しい人は驚くことでしょう。

しかし、残念ながら、ほとんど御主人のK氏の趣味みたいなものなので、トレッキングのできる人は1ヶ月に数人しかいない。つまり、よほどコネがあるか、よほどご主人がご機嫌がいい時に限るのです。

私の場合は、Hさんの紹介でその幸運に浴することができました。
長くなりそうなので、途中をカットすると、御主人のKさんは焦げ茶色の「バーディー」、Hさんは、どさんこの「テンリュウ」、私はアラブの「コータロー」でした。「コータロー」と「バーディー」は同じ群れ仲間なので仲がよかったのですが、「テンリュウ」は違う群れ出身なので、最初は蹴りあいの喧嘩をして大変でした。しかも、25歳になる「バーディー」は初めてのトレッキング。私も初めてのトレッキングなのに、Kさんはお構いなしに山超え、谷超えの連続です。バーディーは、川を渡ったことがないらしく、途中で1歩も進もうとしません。そりゃあ無理な話ですよね。途中、放し飼いの馬が逃げないように、電圧線が張っている狭い小道がありました。電圧線に少しでも触れると、馬は驚いて飛び上がります。クリストファー・リーブの事件もありますし、私も、馬に振り落とされないように必死でした。

結局、3時間半のトレッキングが終わった頃は、奥歯ガタガタ、膝頭は笑っていました。それでも、その爽快感ったらありませんでした。私の乗ったコータローは、本当に従順でした。途中で大好物の熊笹の小道を通った時、まさしく道草を食って気分転換をしていましたが、重かったでしょう。ご苦労様。下の写真はコータロー号です。

“トレッキングに初挑戦” への1件の返信

  1. 信じられない!!
    こんにちは。はじめまして。
     
     私も少々乗馬をかじっておりますが、
     信じられません。初体験で、トレッキングなんて。 命しらずですね。おまけに3時間以上も。。。
     運が良かったですね。日ごろの行いでしょうか???
     私のトレッキング初体験は、
     大会優勝馬であったのもあり、いきなり競馬のように頭を低くして疾走されました。
     私の知識不足のせいですがね。。。
     恐かったけれど、爽快でしたよ。
     空を飛んでいるような感じでしたね~~~
     馬の背の高さは実は、人間が恐怖心を特に感じる高さのようですよ。
      乗馬セラピーとか言われていますが、
     うんちくはいいとして、私の体験からは
    いろんなことを解放してくれるように思えますね。恐怖心や人間不信や抑圧された感情などなど。数知れず。。。。
     今のご時世いろんなセラピーが盛んに高額で
     行われていますが、渓流斉さんが出会ったご主人のKさんのように
     ただ好きで馬とかかわって、特別意識なく
     知らず知らずのうちに、人々が癒され、元気になっていくとしたら、なんてありがたいことでしょう。
     馬の背に揺られながら、風を感じ、
     いろんな一体感を味わえるなんて、体験した人しか、わかりませんよね~~~
     ギリシャ神話では、馬はもちろん神聖な動物で、太陽のエネルギーをそのまま率いる動物と言われています。
     あの、柔道のやわらちゃんも、
      乗馬を練習に取り入れておりましたね。
     彼女曰く「馬からエネルギーを頂く」と
     おっしゃっておりました。確かに!!!
     私は、乗ったあと、いつも実感します。
     パワフルになっている自分を。。。。。
     
     
     
      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください