週に2回しか登庁しない東京都知事

報道によりますと、石原東京都知事は、一週間に2,3日しか登庁しないそうですね。その知事の不在が遠因で、浜渦副知事なる者に権力が集中し、浜渦知事の決済がなければ、話が前に進まない状態が続き、独裁体制となり、ついに、堪忍袋の尾が切れた都議会が、浜渦副知事らの更迭を求め、石原知事は、国会議員時代を含め、30年来の腹心だった浜渦氏を解任した、ということがニュースになりました。

石原知事は、週2,3日しか登庁しないことについて、「机に座って仕事をするだけが能じゃない」と開き直っているそうですが、そもそも、「浜渦問題」なるものが生じたのも、身から出た錆でしょう。

石原知事は自分の好きなことをしているのです。そして、周りもそれを許しているのです。

北海道に住んでいる都民ではない人間がとやかく言う筋合いではないのかもしれません。
それでも石原知事は好きなことをしているだけです。都民も許しているのです。

逆も然りなのでしょうか。
都民は好きなことをしている。石原都知事も許している。

何だかよくわかりません。

“週に2回しか登庁しない東京都知事” への2件の返信

  1. 子供?

    昨秋の日中首脳会談、参拝継続を事前伝達=郵政廃案なら解散-首相秘書官が講演
     小泉純一郎首相の飯島勲首相秘書官は11日夜、長野県辰野町での会合で講演し、昨年11月にチリで開催された中国の胡錦濤国家主席との首脳会談について、事前に日本側から「首相は2005

  2. 問題

     何が問題なんでしょうか?
      それぞれにお互いに必要でただ起きた事ではないのでしょうか?
      もともと権力を握りたい人がいて、それが出来る状況になった。
      でも、愛からの行為ではないからうまくいかなかっただけなのではないでしょうか?
     起きただけのことで、問題ではないですよね。
     それぞれがしたいことした。
     どれだけ真剣に国や市民のこと思って政治を
     されてる人がいるのかは知りませんが、
     みんなしたいことしてるのでは、ないでしょうか。
     人生を誰かのせいにしたいひとはして、
     快楽におぼれたい人はして、競争したい人はして、幸せを味わいたい人はそうしてる。
     本人がはっきり自覚してるかは別で、誰もがしたいこと、好きな事してるんだと思います。
     まわりからみて、そう見えなくてもです。
     悲しんでいる人は悲しみを離さないだけ。
    大切なのは自分がどうかだけです。
     全て自分から発信されてることだから、
     見える世界も変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください