相泊

知床は、最後に残された日本の秘境でした。

行ってみて初めて分かったのですが、突端の知床岬までには、道路が通っていないのです。

天然のサンクチュアリです。ここに、やっと、人間に追い詰められたヒグマたちが100数頭生息しています。

知床岬に、どうしても行きたい人は道がないので船で行くしかありません。

道路が通っている最北端が、相泊という猟師街です。
ここで行き止まりです。
車から降りて歩いてみました。
港町といえるような大きな町ではありません。全国的に有名な「羅臼昆布」を採る漁業関係の人が何人かいるだけでした。
皆、不機嫌そうな顔をしていました。
「昆布はいつ取れるんですか?」とおばちゃんに聞いただけでも
「まだ、まあだー」と吐き捨てるように言うのです。

後日談ですが、知床から帯広に戻ったところ、新聞で「羅臼で昆布採りが始まった」という記事が載っていました。

まあ、余所者はおよびでないということだったんでしょう。

海に入ってみました。真夏だというのに、飛び上がるほどの冷たさです。
真冬の寒さは想像もできないくらい厳しいでしょう。

海岸近くにエゾシカをみかけました。

変な言葉遣いですが、本物の野生を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください