カムイワッカの滝

知床の最大の見どころのひとつが、このカムイワッカ湯の滝です。
ここに来なければ、ここを見なければ、知床を見たことにならないと言っても過言ではないでしょう。

知床に足を踏み入れた三日目の七月十七日のことでした。
前夜、斜里町の宇登呂にある民宿「知床荘」に泊まり、蟹までおまけに付いた美味しい夕食と温泉に入り、久しぶりにリラックスできました。
この分だと、「いいことあるのかなあ」と、知床岬に行く計画を立てました。
前日、お話したように、知床岬に行くには、道がないので、船でいくしかありません。観光船の「オーロラ号」が6000円、クルーザーを出す所が4、5軒あり、いずれも8000円で、午前10時出発でした。

「オーロラ号」に乗ろうと、余裕で、9時20分頃、乗船券売り場に着きました。何と、それでも満員でした。仕方がないので、ちょっと高いクルーザーにしました。すると、どこもかしこも満員。この日が日曜日だということを忘れていました。「オーロラ号ですら満員ですから」と言われてしまいました。仕方がないので、翌日のクルーザーの乗船を予約して、予定を変更して、カムイワッカ湯の滝に行くことにしました。本当は、最終日の明日に取っておくつもりだったのですが…。

カムイワッカの湯の滝とは、またまた、ガイドマップによると、湧き出した温泉が流れ込んでいる川で、上流に行くほど水温が高くなります。遊歩道が整備されていないので、沢伝いに30分ほど登ると、滝壺があり、天然の露天風呂になっていますーといった所です。

ここまで行くには、夏場(7月中旬から9月中旬まで)はバスでしか行けません。知床自然センターから50分くらい掛かります。

カムイワッカの湯の滝に行くには、事前に準備が必要です。まず、上記の露天風呂に入りたい人は、水着が必要です。そして、何と言っても、歩くのに滑り止めが付いた靴下が要ります。知床自然センターで840円で売っていました。草鞋も売ってましたが、とにかく、普通の靴で滑ってしまい、無理です。裸足だと、ごつごつした岩がちょっと痛いです。

とにかく、ゆるゆると温泉が流れる岩場の斜面を登って行くのです。
そして、30分くらいで滝壺に到着するのです。ここが、まあ、終点です。用意のいい人はやはり水着を持っていて入っていました。皆、成人で、子供や老人はいませんでした。ここまで来るのに体力が追いついてくれないからです。「秘境」にしては、多くの観光客と一緒に、ついに知床を征服したような錯覚を味わうことができました。

“カムイワッカの滝” への1件の返信

  1. 世界遺産の知床の名産といえば、昆布かな

     知床が世界遺産に登録されて、今年の夏に観光で訪れる人はどのくらいになっているのでしょうか。手付かずの自然が多く、人が立ち入れない場所の知床。素晴らしい自然を大切にしたいですね。
     人が容易に立ち入れない場所。美しい知床五湖やその先にあるお湯の流れるカ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください