ヨン様、ことペ・ヨンジュン

先ごろ来日したヨン様ことペ・ヨンジュンのインタビュー記事が新聞に載り始めました。

私自身、彼については、全く興味がないのですが、写っている彼の写真を見て、あるパターンに気がつきました。

アングルは右30度3分。流し目のような風情となり、口は半開き(失礼!)。矯正したフッ素加工の白い歯が見えます。

手は胸に当てているか、拝むように両の手を合わせて「微笑みの貴公子」を演じています。

彼に求められているのは一言。

「優しさ」

高度成長期に求められていた「タフガイ」や「ダイナマイトガイ」とは究極の正反対に位置します。

ー何なら、アタシが彼を支えてあげましょうか?そんなに泣かないで…。

こうして、高度成長期には振り向きもされなかった「優しい」中性的な男性が星のように輝く。

ー何言ってんのよ。何も知らないくせに。ヨン様は脱いだらすごいんだから。ムキムキ・マンよ!
隠し砦の三悪党が、ほざく。

そうなんですかー。

私は知らないふりをする。

現代人は、ヨン様に興味がない、と言って、それで済む話ではないことが分かりました。

五年後の彼さえ、想像できませんが、確かに、今の彼は「時代の象徴」「民衆の憧れの具現化」。

それにしても、男から見て、彼に対して全く嫉妬心が湧かないのが不思議です。

まあ、勝手にやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください