前世療法 

昨晩、前世療法セラピストのTさんに診てもらいました。

Tさんは、その筋ではかなり有名な方で、関西方面から北海道にまで出張にきており、私も、その序に診てもらうことにしたのです。

当初は、全くそのつもりはなかったのですが、生来の好奇心の旺盛さから、えいやー、と御願いしてしまいました。

感想ですか?

恐らく、Tさんには怒られると思いますが、「こんなものかなあ」という感じでした。
最初に「僕は、あまり前世は信じていないのです。死んだら、この世で終わりだと思っていますから」と正直に話したところ、「それでは、前世を見ることはやめましょう」と、あっさり、それで終わってしまいました。

で、結局、何をしてもらったかと言いますと、「元気がない」ので、「気」を入れてもらうことにしました。目をつぶって後ろ向きになっていたので、Tさんがどういう風に「気」を入れていたのかわかりませんが、何か背中のあたりに、羽が生えたようなムズムズした感覚に襲われました。

「気功ですか?」と聞いてみたのですが、Tさんは「気功ではありません」と言うのみで、それは何か教えてもらえませんでした。「天」とつながって、宇宙のエネルギーを注ぎ込むという話でした。

その後が、死―再生の儀式です。右足を、エジプトのファラオの石棺の中に踏み入れたことをイメージして、「死」を体験し、即座に「再生」のパフォーマンスとして、何やらかんやら背後でやっていました。見てはいけない、というので、よく分かりませんでしたが…。

効果ですか?

まだ、分かりません。これから、信じられないような異様な変化が心身の内外で次から次と起きるらしいのです。例えば、皺がなくなる、とか…。

笑ってはいけません。最も、今、吹き出した方は正常な神経の持ち主なのかもしれませんが…。

この「儀式」の前に、私は2時間もTさんからカウンセリングを受けました。
「現在、どこか不快だったり、痛かったりする症状はあるか」「原因はどこにあると自分では思っているのか」といったような内容でした。私は正直に今の有のままの自分の状況を説明しました。

「儀式」が終わった後のTさんは、放心状態で、顔は紅潮して玉のような汗を流していました。その真剣さに打たれてしまいました。

その姿を見て、これまでTさんが話していた「臨死体験」の話や「人の前世が見える」話や「未来も分かるが、絶対に予知はしない」といった話もTさんの中では真実なのだと言う気になってきました。

Tさんは最後にこう言いました。
「現実はあなたが作っているのです。肯定的に考えれば、夢は必ず実現します。今、八方塞で苦しいかもしれませんが、必ず乗り越えられます。天は、その人が乗り越えられないような試練は与えません。今の苦しい現実も、必ずや楽しい思い出に変わります。だから、朝起きたら、『これから楽しい事があるぞ』『今日はどんな素晴らしい人に出会えるのかしら』などと考えることです。必ず、乗り越えられます。必ずいい事が起きます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください