フランス暴動 

公開日時: 2005年11月7日 @ 21:49

パリ郊外の街でアフリカ系の若者(モーリタリアとチュニジア)が警官に追われて発電所で感電死した事件がきっかけで、フランス全土に暴動が広がっているニュースには心痛めています。

事件は10月27日に起き、11日経った今では、フランスの国内の274都市に暴動が拡大し、4700台の車が放火されたそうです。学校や保育所、介護施設にも放火され、395人が逮捕されました。(ロイター、AP、AFP)

サルコジ内務大臣が、暴徒をSCUM(クズ)呼ばわりしたことが火に油を注いだようです。暴動はフランスだけでなく、ベルギーやオーストリアにも広がっています。

若者たちが石や火炎瓶を投げる光景は1960年代には、日常茶飯事見かけたものです。矛盾した社会の体制を変えようと、若者たちは「甘い」革命を夢見たようです。今でも彼らはフランス語で「ソワソン ユイッター」(68年世代)と言われています。

しかし、今回の暴動は、事態はもっと深刻で根が深いようです。60年代の白人インテリとは違い、アフリカ系、イスラム系の移民の若者が今回の中心です。

どこのメディアも、この暴動の背景は、高い失業率と差別があると指摘しています。フランスには西ヨーロッパ最大の500万人のイスラム系の人が住んでいます。

一方の、我が、日本国では、働く意欲を失ったニートと呼ばれる若者が増えています。恐らく、日本の歴史上初めて出現した若者群でしょう。

いずれにせよ、政治が解決してくれそうな問題にはみえません。

群れで行動する象は、一頭でも集団から脱落すると、その象が回復するまで辛抱強く待っています。

人間は象の知恵を借りるべきかもしれません。

“フランス暴動 ” への2件の返信

  1. フランスの暴動と時代

    フランス各地で若者の暴動が起きている。そこにハンガリー移民上がりのサルコジ内相が゛若者に対して、意図的に政府に反感をあおる様な発言を繰り返して、政府自ら煽動しているような状況である。
    今の時代の民主主義的な秩序は、次の時代には別の秩序になるのだと思われる

  2. コミュニケーション
    感情をぶつけあうのではなく 意見のやりとりが 大切であると カウンセリングでは言われていますが、
     感情では 傷つけあうことになりやすく、
    言葉の暴力になりかねません。
     でも 意見、本心のやりとりは 大切なコミュニケーションであるようです。
     あらゆる人間関係で お互いを尊重しあえるコミュニケーションが出来ればいいですね。
     でも 残念ながら 大人になったといわれる年齢でも 難しいのが現実であります。
     個の集団から始まり 都市 国家へと繋がるように感じるのです。
     そして やはり自分との関係から 全ては
    始まるのかも知れませんね。。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください